昨年8月にスタートしたみなと食堂も、今月1周年を迎えました。

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでみんなで食べる夕ご飯。

 

カフェ閉店後、毎月一回夕方開く食堂――

こども100円、大人300円。

その運営は、ボランティアの人達、野菜を無料で提供してくださるMさん他、

多くの方に支えられています。

 

1年間(12回)で食堂に来てくれた人達は、466名。

一回平均38名の人が来てくれたことになります。

 

1年経過して、はじめはお客様的だったママたちも、

何かお手伝いをしますと言ってくれるようになり、

こちらから、「これ、やってくれると助かる〜」と

声をかけると、快く手伝ってくれます。

 

子ども達も何かお手伝いしたい子も多く、

「これやってくれる人〜?」というと率先してやってくれます。

 

テーブルを並べたり、マットを敷いたり、

お野菜を切ったり、ご飯をよそったり、お茶を配ったり…

みんなで作る晩ご飯。

 

「食べさせてもらったんだから、お茶碗くらい洗わせてよ」

と皿洗いをしてくれるシニアの男性。

掃除機をかけてくれるひとり暮らしの男性。

拭き掃除をしてくれるパパ。

 

自分の子も、他の子も、一緒に遊んでくれるママ。

悪いことをしたら、他の子のことも、しっかり注意をしてくれるママ。

子育ての悩みを話すママと、それを聞いてアドバイスするベテランママ。

食事作りのアドバイス、お料理のコツなどを話してくれるスタッフ。

恋の悩みを相談する独身男性…

食事が終わって、高校生のお兄ちゃんたちと遊ぶ小学生。

ここではじめて出会った子ども同士も、一緒に遊んだり…。

 

「いつもは、子どもと2人だけの静かな食卓だけど、

ここはとても賑やかでいい」と言ってくれるママ。

 

核家族が増えて、静かな食卓が増えている中、

家族を超えた賑やかな大家族的食卓がここにはあります。

 

 

1周年記念のメニューは、やっぱり、前日に収穫した

無農薬の夏野菜のバイキング式のカレー!

1年前は、あまり野菜を食べられなかった子も、随分食べられるように

なっているのにびっくりしました。

 

 

 

1年経過して感じるのは、この食堂が果たす役割が当初私達が

考えていたこととは少し変わってきているかもしれないな、ということ。

いわゆる「子ども食堂」が全国で増えてきている中で、

いろんな理由でご飯をしっかり食べられない子どもに栄養のあるご飯を

食べさせてあげたい・・・という想いから少し離れてきているかもしれません。

 

しかし、そういう子ども達にとっても、

この場所が家族的関わりのできる場所として、存在しているということは、

とても大事なことだと思っています。

今は来られなくても、行ってみたいな、と思ったとき、

ここはいつでも待ってるよ、といった場所であり続けたいと思います。

 

ここには、

赤ちゃん、子ども、お兄ちゃん、お姉ちゃん、

お母さん、お父さん、おじさん、おばさん、

おばあちゃん、おじいちゃん…がいて、

 

まさに、地域の中の家族。

まだまだその関係を信頼関係に持っていくのは難しいかもしれないが、

同じ釜の飯を食べる関係であることは、間違いありません。

 

自分の家にいるときには感じないこともあるし、

他の子ども達と接することで学ぶこともある。

他のお母さんから学ぶこともあるし、

ベテランお母さん、おばあちゃんから学ぶことはもっと大きい。

子どもも、親以外・先生以外の大人と接する大切な機会。

 

いろんな人との交わりの中から、子どもも大人も学び、考え、

身に付くことがたくさんある。

 

1年経過して、

スタッフだけが頑張るのではなく、ここに参加する人みんなで

このみなと食堂は大切にしていきたいし、実際そうなってきているように思います。

 

この活動にご理解いただいている皆さま、どうもありがとうございます。

2年目、「家族を超えた家族」的関わりのできる場として、

大切にしていきたいと思います。

今後とも、賛同していただける皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

 

会の終わりには、何時ものように、今月のお誕生日の人を

みんなで歌ってお祝いします。

今月は、みなと食堂も1歳のお誕生日を皆で祝ってもらいました!

 

今回のギターの伴奏は、Tさん!

ママ、かっこよかったよ!

       

 

  

 

       

5月19日(金) 第10回みなと食堂。




今回は1ヶ月前に掘りたての筍をたくさんいただいたので、すぐに茹でて、1ヶ月毎日水を入れ替えて、お世話した筍をたっぷり使ったメニュー。


今回も前日に畑に行って収穫したばかりの無農薬の野菜を使ってます。



45本の春巻きを、巻いてくれた高校生たち。1番に来て、力仕事や、料理の下ごしらえを手伝ってくれて、大助かり。
春巻きを巻ける男子なんて、そういないよー!自慢しな。と、おばちゃん達は大絶賛。



小さい子もお兄ちゃん達を見て、真似してお手伝い



人生の大先輩から子育ての極意を聞くママ達。



みんなの力で出来上がった、本日のお料理。
はじめは野菜が食べられなくて、残す子も多かったのですが、この日はほとんど残す子もいなくて、ピーマンだって、残さず食べてました!
スイカの差し入れは、熊本から!

5月生まれのスタッフのお祝いをみんなで、カンパーイ。スタッフの皆様、お疲れ様でした。



次回は、6月16日(金)です。

2月17日  今回のメニューは、


中華丼、中華スープ、ほうれん草のナムル、大根もち、里芋と大根の煮物、デザート(チョコいちご.チョコバナナ)

今回も前日に畑で収穫したばかりの無農薬の野菜をたっぷり使った栄養満点のご飯。
参加者総勢44名(子ども22名、大人11名、お手伝い11名)




使った食材を数えたら26品目!前回が31品目だったので、少し少なめですが、これだけの食材を一回の食事でとるのはなかなか難しいですよね。さすが、みなと食堂お料理スタッフチームはベテランの主婦ぞろい!私達も学ぶことたくさんです!




前回参加してくださったお母さんが、早速教わった大根グラタンを作ったらお子さんが喜んで食べてくれた、とか
野菜嫌いなお子さんがほうれん草を食べられるようになった、など、
嬉しい報告もいただきました。やはり採れたて、新鮮なお野菜の美味しさは子どもにもわかるのかもしれませんね。

それに、ひとりで食べるより、みんなで食べるご飯はやっぱり美味しい!

食事の前は、それぞれが思い思いに過ごします。
小学生がおじさん相手に将棋で勝ったり!、折り紙をおばちゃんに教えてもらったり、絵本を読んでもらったり、赤ちゃんと遊んであげたり、ゲームで遊んだり、宿題したりーー

今回は、高校生も二人来てくれて、お料理の好きな一人は作り方などを熱心に聞いていました。
赤ちゃんから70代までが一緒に過ごす3時間。









ここは、子供のための居場所だけではなく、大人の人たちにとっても、居心地のいい空間となっているようです。

毎月第3金曜日16時オープンです。次回は3月17日。大きな家族の一員となりたい方、どうぞお待ちしています。

 

お申込みは
ハートフルポートまで
045-777-8159

 

または、mail

cafe@heartful-port.jp

寒い日が続いていますね。

もし、今夜は一人でご飯…という方がいらっしゃったら、

みなと食堂で、一緒に食べませんか?

温かいご飯を作って待っています。

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、どなたでもどうぞ。

 

次回は、1月20日(金)16時〜19時


1月20日のメニューは、

岩手の郷土料理「しゃべっこと汁」「ロール白菜」他です。

「しゃべっこと汁」は、寒い日、囲炉裏の周りでおしゃべりしながら

コトコトと煮るからそういう名前になったとも。寒い地方ならではのお料理ですね。

冬野菜をたくさん使った体が温まるお料理です。

「ロール白菜」は、地元の無農薬の白菜を使った今が旬の、これまた体温まる一品。

他の副菜は、畑のお野菜を見てから…お楽しみに!

 

みなと食堂のご飯は、お野菜たっぷり!お野菜が食べられない子も、ここでは

みんな美味しく食べられちゃいます!

 

2017年1月〜6月の「みなと食堂」を以下の日程で開催します。

 

毎月第3金曜日16時〜19時に開催しています。

1月20日/2月17日/3月17日/4月21日/5月19日/6月16日

 

子ども一人でも安心してご飯が食べられる食堂です。

来られる方は、お電話してお越しくださいね。

 

045−777−8159(ハートフル・ポート)

 

 

 

「子ども達にお魚をどうしても食べてもらいたくて…」

と、今日のメニューを考えてくださったSさん。

 

魚は切り身でしか見たことがない子もいるかもしれないからと、

開く前の魚を見せて、

「ブリはね、成長するにしたがって名前が変わるのよ。だから『出世魚』っていうの」

「へえー。ぼくさしみで食べたい!」

魚に興味を持ってくれたみたいで、料理したブリの照り焼きはみんなきれいに食べてくれました。

 

 

今日も、お野菜たっぷりのメニューです。

Mさんの畑で採れた無農薬の野菜を前日に収穫したもの。

普段は野菜は嫌いな子も、お代わりまでして美味しそうに食べてくれたのはとてもうれしかったです。

 


 

お皿一杯に盛り付けて…

昆布と鰹節と煮干しで出しを取ったお味噌汁付き。(写真がなくてすみません)

 

みなと食堂のお約束…お部屋の中に入るときに見てもらいます。

ここは大きな家族。みんなが気持ちよく過ごせるように、ね。

 

ご飯ができるまでは、お絵かきをする子…

絵本を読んだり、「だるま落とし」で遊ぶ子… これが大いに盛り上がって…

 

赤ちゃんからおじいちゃんやおばあちゃんまで、みんな一緒にご飯

 

今回は、区社協の方が取材に来てくださって、

ここは本当の大家族のようですね、とコメントをいただきました。

 

今後、この場所が地域の中で本当に家族的な関わりを持てる場所として、

誰もが安心して立ち寄ることができて、一緒に温かいご飯を食べられる場所となるよう、

皆さんと一緒に育てていきたいと思います。

 

もし、いつも一人でご飯を食べている方がいらしたら…

今日はお母さんがお仕事で帰りが遅いんだという子がいたら…

仕事で疲れてご飯を作れないといった人がいらしたら…

子どもも高齢者もどなたでも、どうぞ気軽にいらして下さい。

心を込めて、温かいご飯を作って待っています!

ご飯を作っているのも、みんなこの地域に住むおばちゃんたちです。

 

次回のみなと食堂は、12月16日(金)16時〜オープン

ご飯を食べるのは、18時くらいからです。

次回は、クリスマスのメニューを予定しています!

ケーキもあるかも(^^)/

 

事前の予約をお願いします。(場所と食材の手配の都合で…)

☎ 045−777−8159 (ハートフル・ポート)

✉ cafe@heartful-port.jp

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM