このところ、カフェはとても賑やかです。

6月2日には、ご近所にお住いの87歳になられるうちの常連のKさんの企画で、男性コーラスの素敵なハーモニーを楽しむイベントが開催されました。
Kさんの後輩である横浜国立大学のグリークラブOBの有志の方々…といっても、皆さん後期高齢者の70歳代後半の方々。とてもそんな御年には見えない、お元気なアクティブシニアです!

Kさんがご近所の方へのお声かけもしてくださって、91歳になる方もいらして、ちょっとしたご近所同士のあつまりに…。
出演された方たちもこういった場で歌われるのは初めてのことだとか。
前日の山中湖での合宿から始まり、演奏会後の飲み会までもありで、とても楽しんでおられる様子でした。
人生の大先輩たちからたくさんの元気をいただきました。
合間に地元の女性コーラスも参加せていただき、出演者もお客さんも34名がひとつになって、とても楽しいひと時でした。
素敵な企画を考えてくださったKさん、そして横国グリークラブOBの皆さま、ありがとうございました♡


(この日初めての顔合わせ、合同練習も一度だけ。重厚な男性の低温に支えられ、
 女性コーラスのメンバーもはじめての混成合唱を経験で来て、とても幸せでした。)


翌日の6月3日は、まず、ランチタイムに嬉しいサプライズがありました。
同じくご近所にお住いの方で、前にもランチに来てくださったIさんご夫妻。
おふたりは、クラシックのギタリストで、なんと、ご主人はこの夏ドイツで開かれる国際コンクールに出演されるされるのだとか!
近々ご自宅でギターの教室を始められるとのことで、チラシをお持ちになって、そのついでにギターの即興演奏をしてくださったのです!
デザートにクラシックギター♪
何とも贅沢なひと時でした。
コンクールに行かれる前に、ここで演奏会を企画してくださるそうですよ!どうぞお楽しみに♡





そして、その日の午後3時からは、アイルランドの音楽、アイリッシュミュージックのイベントでした。

同じ町内にお住いのフィドル・ギター・アイリッシュブズーキ奏者の柏木さんとアイリッシュフルートとティンホイッスル奏者の須貝知世さんのデュオ。
まるでお父さんと娘さんのようにも見えるこのおふたりの奏でる音楽は、息がぴったり。
軽やかで、温かく包み込まれるような、どこか懐かしいやさしいメロディー。
アイリッシュミュージックというのは、楽譜がなく、伝承音楽なのだとか。
その音色は、「横笛」というにふさわしく、柔らかく温かな温もりを感じさせてくれます。その須貝さんのメロディーに合わせて、柏木さんがギター、フィドルの音を乗せて…。
音符を追って演奏することすらできない私には、信じられない芸当です!
須貝さん作曲の『雨のあと』『さんぽ』は、彼女の人柄が感じられる優しいメロディー。すっかり癒されました。



この日はお天気も良くて、窓の外の緑と音楽がマッチして、まるで、アイルランドの風がそよいでいるようでした。

このおふたりの素敵な笑顔! 知世さんを優しく包み込むお父さんのような柏木さん。
でも、演奏するときは、お互いを尊重し合い、認め合っているのがとても素敵です♪



それにしても、この地域には才能豊かな方がたくさん!
いやいや、まだまだたくさん埋もれた才能をお持ちの方がたくさんいらっしゃるようです。
もし、どこかでそれを発揮したいけど…と躊躇されている方がいらっしゃったら、
ここでよかったら、いつでもご利用くださいませ。
素敵な持ち込みの企画をお待ちしています!
 

Comment
近所に住むKです。開店して2周年、折々に訪れては店主やスタッフとおしゃべりに興じているうちに、ふと思い立ったのが今回の企画でした。
私の学生時代といっても終戦直後ですから、入学した昭和21年4月のときは欧米の音楽などとんでもないという戦争の名残で、母校の音楽部は休部状態でした。そこでこれを復活させ男声合唱を始めたのが昭和21年の秋ごろでした。
それ以来のめりこんだこの世界ですから、在学中も教室よりも音楽部の部室にいる方が長いという、工学部ならぬ音楽部を卒業したようなものだといわれながらも続けた合唱三昧、卒業してからもあちこちのアマチュアの合唱団で歌い続けていましたが、流石に80に近くなった頃からはやや遠のき、後輩にバトンタッチして今日に及んでいるのですが、この魅力ある男声コーラスを、地元の皆さんにお聴かせできないかと考えたのでした。
そこで早速後輩の諸君と相談してからハートフルポートの店主に話を持ち込み、快諾を得て今日の楽しい会になったのです。
混声合唱や女声合唱と違って男声合唱に触れる機会が少ないせいか、地元の大勢の人達が集まって下さり、地元で女性コーラスを歌っていられる方々のご協力も得ての楽しい1時間の演奏会でした。
この話が纏まってから合宿などして練習を重ねたとは言え、私と一回り違うとは言っても後期高齢者入りした年寄り6名の後輩諸君ですから、初めての経験とのこともあって緊張したようでしたが、温かい皆さんの励ましの中で楽しく歌うことが出来て、よき冥土への土産が出来たと喜んでおりました。
盛り上がった最後は「上をむいて歩こう」と「花は咲く」をみんなで大合唱してお開きとなりました。
大きな口をあいて歌うことは健康の素とは新田三樹先生もおっしゃっていますが、全くその通りで、後期高齢者入りした後輩の元気を貰って90歳に近付いた私も改めて歌うことを復活させようかななどと年甲斐もなく思い始めた楽しい会でした。
ここに改めて地元のお出掛けいただいた方々や、協力してくださった女性コーラスのメンバーと、ハートフルポートの店主始めスタッフの皆さん、それに加えて歌ってくれた我が後輩の横浜国大グリークラブOB合唱団の有志6名に心よりお礼を申し上げる次第です。
  • 2016/06/04 20:38
Kさま

このたびは企画、連絡、準備、当日のあれこれ…ありがとうございました。何度も来ていただいて、ワインやビールを片手に(笑)打ち合わせをし…。それもなんだか楽しかったですね。
間もなく90歳!とは思えないKさんのバイタリティはこれだけの企画力、文章を書く力、人と人とをつなげる力…があるからなのかもしれませんね。

またやってくださ〜い!との声もありますけど、どうしましょう!!

またゆっくりとお食事、お茶に…、いやいや、ワインとビールを冷やしてお待ちしています!
  • ハートフル・ポート
  • 2016/06/04 21:08
6月10日の午後のひととき、ライアー・フォトコンサートなるものに顔を出してみました。

このハートフルポートを訪れる何人かの皆さんから提供された、ご自分の生活の中の思い出の詰まった数々の写真をスクリーンに投影しながら、ライアー奏者の井上ゆり子さんがその画面にマッチした音楽を選び出して奏でるという楽しいユニークな企画でしたが、井上さんのお人柄もあって会場全体が見事な雰囲気を醸し出し,最後には開店2周年に因んだハートフル・ポートの様々な思い出のシーンもスクリーンに大写しになり、まさに至福の一時間でした。


  • 柏崎一男
  • 2016/06/11 14:33
柏崎さま
ライアーのフォトコンサートにもご参加いただき、ありがとうございました。今回の試みは、井上さんのお人柄、まさにそれに尽きますね。

ハートフル・ポートの2年間の写真が映し出されると、ライアーの演奏と歌がまた素晴らしく、ここで出会った人たちのことが思い出され、思わず眼がしらが熱くなりました。いろんなことやってきたんだなあ〜としみじみ。その多くに柏崎さんもご参加いただきましたね。本当にありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
遅ればせながら、フォトコンサートの記事もアップしましたので、ご覧ください。
  • ハートフル・ポート
  • 2016/06/11 22:45





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM