明けましておめでとうございます。
新年をいかがお過ごしでしょうか?

ハートフル・ポートとして産声をあげて1年半。
2度目のお正月を無事迎えることができました。

オープン当初は一体どうなるんだろうと、正直続けていけるか
とても不安でした。しかし、リピーターの方も増え、
いろんなイベントも企画できるようになり、またこの場所を
使った企画を提案してくださる方も増えてきて、
たくさんの方に愛される場所に育ててていただきました。
心からお礼申し上げます。

今年は、この1年半で感じたことを踏まえて、
「おうちカフェ」という場が持つホッとできる空間を大切に、
今後この場所の役割は何なのか、模索していきたいと思っています。


 ひとりで食べるご飯よりも、誰かと一緒に食べるご飯が美味しいから。
 近所で誰かと気軽におしゃべりができるところがあると嬉しいから。
 誰かに話を聞いてほしいから。
 日々の生活の中で、何かワクワクすることに出会いたいから。

ということでいらっしゃる方は多いのですが、
最近では、

 自分も何かやりたいことをやる一歩を踏み出したいから。
 自分も何か誰かの役に立つことがやりたいから。

といった想いを抱いていらっしゃる方も増えています。
「場」が持つ力があるとしたら、それはやはり「人」の力あってのこと。
何かをしたいと思ったときに、その背中を押してくれるのは人。
応援してくれるのも人。
人と人とのつながりを大切にしていると、不思議なことに
お互いを応援し合う関係が自然と生まれてきます。

「場」があるということで、人が集まり、想いを分かち合い、
そして、そこから何かが始まる――
そういう場に成長できているとしたら、この場所を開いて本当によかったと思います。


さて、家=家族が住むところ、ということで、「家族」ということに目を目を向けてみますと、
今の時代、その形がいろんな意味で変化している過渡期である気がします。
昔の家には、お父さんお母さんのほかに、おじいちゃんやおばあちゃんがいて、
おばさんやおじさんもいたりして、異年齢の兄弟もたくさんいて賑やかでした。
いろんな年代、価値観などが違う人たちにもまれて、育ちあっていたように
思いますが、今はそれがなくなって、家族の関わり方もずいぶん変わってきました。
それが良い悪いということではなく、大家族が減って来て人とのかかわる機会が
減ってきているのは事実です。

しかし、ここには、赤ちゃんからご年配までいろんな年代の方たちがいらっしゃって、
まるで昔の家族のようだなと感じることがあります。
お客様同士が自然と声を掛け合ったりすることもよくあり、
赤ちゃんが泣いていたりすると、抱っこしてくれるおばあちゃんもいます。
ママはゆっくりとご飯を食べることができます。
おばあちゃんも嬉しそうに抱っこをしてくれます。

初めて会った人たち同士でも、
ちょっとしたきっかけで打ち解けてお友達になったり、
同じ地域に住む者同士、どこかでつながっていることがわかったり、
違和感なく一緒にご飯を食べたり、
赤ちゃんの成長を皆で見守ることができたり。

そういったことが自然とできるのは、
ここが「家」という空間であるからなのかもしれません。

「おうちカフェ」としての役割があるとしたら、
ここを我が家のように思ってくださり、自分の居場所としてくつろいでくださって、
新しい「地域の家族」といった形を皆さんが作っていってくださることなのかも
しれません。

子育てをひとりで頑張っているママも、
子どもが自立してちょっと時間のあるおばちゃんも、
元気な高齢者も、ちょっと遠くに出歩くのもおっくうになった高齢者も、
定年後のおじちゃんも、学生さんも、平日休みのお父さんも、
みんな、ここに来ると一つの家族のような気持ちになれるとしたら…

ささやかな場所ですが、そういった家族的な温かな関わりができる場所でありたい…
そう願って、今年も一年この場所を大切に育んでいきたいと思います。


正月休みに、実家の熊本に帰省し、母の実家である島原にも久しぶりに足を伸ばしました。
昔は親戚が大勢集まって、とても賑やかでしたが、今は年老いた叔父・叔母だけが残され、
静かなお正月でした。
今、横浜で私がやっていることを話したら、目を輝かせて近くにそういう場所があったら、
毎日でも行きたいと言っていました。
叔父・叔母と接していて改めて、こういった場所の必要性を強く感じたことでした。


さて、今年は、どんな新しい出逢いがあり、どんな新しいつながりが生まれるのでしょうか。
そして、そこから何が生まれてくるのでしょうか。
「おうちカフェ」だからこそできることがまだまだたくさんあるような気がしています。

ワクワクしながら、この場を大切に、皆さまにとって居心地のいい空間、
そして美味しいお食事をご用意して、
スタッフ一同お待ち申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年の営業開始は、1月12日(火)10時〜です。


お客様のMさんが藁と稲穂とで毎年手作りで作っていらっしゃるしめ縄。
今年は、うちのスタッフがMさんと一緒に作ってくれました。


一足早く春が届きました。お向かいのAさんからいただきました。
福島の桜です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

少し早いですが、
年内の営業が本日終わりました。

今年一年、たくさんの方にお越しいただき、
本当にありがとうございました。

昨日も赤ちゃん連れのママ達がイベントを無事終えて、
そのお疲れ会でしょうか、お子さん連れの楽しいお食事会。
店内はとても賑やかでした。食後には子どもたちが床に座って絵本を広げて…
その周りのテーブルには、ご近所の方たち、常連のSさん。
カウンターには、20代の仲のいい兄妹がお昼ご飯を食べに。
ティータイムには、ふらっと珈琲を飲みながらおしゃべりを楽しむ常連の男性客。

この一年、たくさんの出会い、たくさんの感動、そしてたくさんの笑顔に出会えたこと、
本当にうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
この場所がいろんな方たちにとっての憩いの場として使っていただけることを
心から嬉しく思います。
私自身も家を開いて、この場所を作ったことで人生がとても豊かになったように思います。
これもここに来てくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

最終日の今日は、3時までの営業。
お客様もはじめての方から、常連さんまで賑やかでした。

嬉しいことに、ここでも何度も来て演奏をしてくださったIさんがお母様とご一緒に
来てくださって、ライアーを演奏してくださいました!
しっとりと、心に響くライアーの音に涙ぐむ方も…
いらしていたお客様はもちろん、私達にも素敵なクリスマスプレゼントとなりました。
本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

メキシコに滞在中の娘に会いに行ってくれた娘の友人も来てくれました。
彼女もその場にいた他のお客さん達とすぐに馴染んで同じテーブルを囲んで一緒にお食事を!
娘から託された荷物の中にセルビン焼きという素敵な小物入れがありました。
娘からクリスマスのプレゼントをもらうなんて!
早速カフェのウェルカムテーブルに^^
新年の営業から皆さまをお迎えいたします。



今年も一年たくさんの方に来ていただきました。
心から、お礼申し上げます。

今日は、飛び込みで新聞社の取材も受けました。
お話をしながら改めて思ったのは、こういった場所は必要だなということ。
美味しいものを食べて、楽しいおしゃべりができて、
いろんな人たちと気軽につながれて、
ちょっとした楽しいイベントもあって、
自分たちも何か新しいことをやってみようと思える場所。
日頃頑張っている人達がちょっと癒される場所。

ここにいらっしゃる方たちが「ここはホッとできる」と口々に言ってくださるのは、
やはりここが「家」だからなのだと思います。
昔は大家族で、いろんな人たちが一つ屋根の下に住んでいました。
そして、ご近所同士が行きかうことも普通にありました。
しかし、今それがなくなってきた中、でもやっぱり、人は人とつながりを求めている。
一緒にご飯を食べて、おしゃべりして、そこでまた誰かとつながることができたら嬉しいのです。
だからこそ、こういった場所が必要なのだと思います。

いろんなところで、住み開きが始まるといいな、と思います。

今日は、そんなことも考えられる素敵な仕事納めとなりました。

来年1月27日(水)、
つながりのまちづくりフォーラム2016(横浜市、横浜市市民活動センター主催)で
そういったことをお話させていただくことになりました。
お時間のある方は、是非お越しください。

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201511/20151130-031-22242.html

 



本日は、閉店後、スタッフ全員と娘の友人も手伝ってくれて、大掃除をしました。
すっかりきれいになったお店で、
残ったワインとパンで、カフェを独り占めしている店主です*^^*


新年の営業は、1月12日(火)10時〜です。
皆さまとお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています!

皆さまにとって、どうぞ素敵なクリスマスとなりますように!

    Have a merry Christmas★

「地域で活動するきっかけをつかみたい」「地域のために何かはじめたい」―― 
そんな人たちのために、企画された「あさひみらい塾」(旭区市民活動支援センター、旭区役所、アクションポート横浜主催)。全6回シリーズの講座の第2回目、30名の塾生の皆さまがハートフル・ポートを訪れてくださいました。

  

地域の課題を解決するための第一歩を踏み出す…といったこともこの講座の目的のひとつのようですが、地域に存在する様々な課題の解決手段として、今「コミュニティ・カフェ」が注目を集めています。いろんなところに作られるようになっている中で、ここハートフル・ポートは、「住み開きカフェ」として運営していることが特殊のようで、今回見学先として選ばれたのかもしれません。

  

受講生の皆さん、とても熱心に話を聞いてくださり、質問なども活発に出していただき、制限時間があっという間に過ぎてしまいました。

確かに、自宅を開くということは、大変かもしれませんが、もしその場所と想いがあるのであれば、初めは小さな規模でもいいので家を開かれることを是非おススメします。自宅にいて、たくさんの人が会いに来てくれます。自宅なので、時間も空間も自由に使えます。通勤時間もないし、家賃もかかりません!暇なときは、自宅なので、昼寝もできます!うまくいかなくても、そこは「我が家」!やめちゃえばいいのです(笑)。

ところが、予想を反して、ハートフル・ポートには毎日たくさんの方がお客さんとして来てくださいます。
そんなことをお話すると、受講生の方からこんな質問を受けました。
「大通りに面しているわけでもない、大きな看板を出しているわけでもない、住宅地の中にあって、中が見えるわけでもない玄関の扉を開けて、靴を脱いで、どうしてお客さんが来るんですか?」と。

そう言われてみると、確かに私もずっと不思議に思っていました。なんでみんな来てくれるんだろう〜?、と。
普通の家なのに…
いや、普通の家だから?
お店だけど、家だから??
いや、家だけど、お店だから????

お客さんの中には、リピーターとして何度も来てくださる方がたくさんいらっしゃいます。
もちろん、お友達やサークルなどのお仲間とワイワイとランチにいらっしゃる方も多いのですが、中には、
「最近ちょっと元気がなくてね…」といって来られる方、
「ちょっと誰かと話がしたくてね…」とふらっと来られる方、
「庭で作った野菜ができたらから…」と朝採り野菜をたくさん持ってきてくださる方、
「まだランチ残ってますか?…」とランチタイムの終わりごろにいらっしゃる方、
「ゆっくりと絵本が読みたいから…」とティータイムにいらっしゃる方…なども。

もし、そういった方たちがここを自分の家のように思い、ご飯を食べて、おしゃべりをして、ゆっくりとくつろいで、また来るね〜といって帰られるとしたら、それは大手チェーンのカフェでは得られないものがここにあるからなのかもしれません。
昔で言う、井戸端会議ができる場所、昔の家にはどこにもあった縁側的な場所、地域の中にほっとできる居場所――そういった場所を求めている人が多いのかもしれません。

人と人とのかかわりが少なくなったと言われる現代ですが、本当は人とのかかわりを持ちたいと思っている人はたくさんいて、家族的な関係を持つことができるとしたら、それを求めている人は多いのではないのか――そう実感しています。

今日、スタッフとして初めて手伝ってくれたAさんが
「ここに来ると、なにか自分もやってみよう!と思えるんですよ」と言ってくれました。
なんだな嬉しくなりました。
確かに、お客さんとして来てくださる方が、「ここがなくなったら困るから」と、自らスタッフ的働きをしてくださったり、いろんな話をしているうちに自分も何かを始めるきっかけを掴んだり、お互いの夢などを語り合ううちにそれを応援しあう関係になって、実際に実現しちゃったり――そういった空気が周りにも波及して、お客さん同士もいい感じに刺激し合ったり…。

「場」が持つ力があるとしたら、それは、そこに集まる人たちが作ってくれるんじゃないかと思うようになりました。
想いのある人達が集まると、そこは自然と人と人とが繋がる「場」となり、お互いが成長しあえる成熟した「場」として育っていくような気がします。

オープンして間もなく1年半。はじめは日々のことで精一杯でしたが、少しゆとりも出て来て、独り歩きを始めた子どもの成長を見守る母親のような気分で、次は何が起こるかな…とワクワクするようになっています。それはとりもなおさず、スタッフとの信頼関係、ここを応援してくださる方たちの支え、そして家族の支えもあってのことだと心から思います。ありがとう〜!


今日は、そんな開業する前のこと、開業してからのこと、これからのこと、他いろんなことを振り返ることができ、新しい気づきや考える機会を与えていただけたことを心から感謝したいと思います。

また来週も「お邪魔しまあ〜す!」と玄関の扉を開けて入って来てくださる方を、スタッフ一同心からお迎えしたいと思います。

年末にかけて、楽しいイベントもたくさんあります。是非ご一緒に楽しんでいただけたら嬉しく思います(^^)。(店主)
 

毎日口にする食べ物――この食べるものによって、私達の健康は維持されています。
だからこそ、ここでお出しする料理は、地元で獲れた無農薬のお野菜や、生活クラブの無農薬の食材等をできる限り使い、安心して食べていただけるよう心がけています。

便利になって、手軽に何でも食べ物は手に入る時代になりましたが、何を体に取り入れるかによって、私達の健康は左右されます。無意識に口にしているものの中には、少しずつ体内に蓄積されていって知らないうちに、いろんな形で体に弊害をもたらすものもあります。

ハートフル・ポートでお出しする料理の味付けは、食材の持つ自然の味を大事にし、市販のコンソメなどは一切使わず、スープは野菜の皮だけで出汁を取った「ベジブロス」のスープをベースに、肉、海老などでコクを出しています。野菜の皮や根っこには、老化や病気を防いでくれるファイトケミカルやミネラルがたくさん含まれていて、これを煮出すことによって野菜の栄養が丸ごととれるのです。老化防止、免疫力アップ、シミやしわ防止、美肌効果もあると言われている「魔法の出汁」として、女性にも大変うれしいスープとなっています。

和食の味付けも、昆布、かつお、しいたけだけで作った八方出汁を使い、市販の出汁の素などは一切使っていません。全て手作りの味付けを心がけていますので、安心して召し上がっていただけます。海老グラタンで出汁を取った後の海老の殻とゴマと塩だけ作った海老のふりかけもとても好評です。


現在、10月から秋の新メニューも考案中です!
きのこや根菜、季節の野菜などを取り入れ、高い栄養価や腸内環境の正常化など様々な効果が得られるといわれている発酵食品を積極的に取り入れていく予定です。

「食は命なり」という言葉を大切に、心を込めてお料理を作らせていただきます。
皆さまのお越しをお待ちしています。


        生活クラブの無農薬野菜


           自家製バジル


     栗の渋皮煮(栗もノーワックスのもの)


**********************

「ストップ!食品ロス」講習会のご案内

日本では、年間500〜800万トンもの食料が、本来食べられたはずなのに捨てられているそうです。
食べ物を輸入しながら、大量に捨てているという事実――。

食べ物を無駄なく使い、かつ栄養面にも配慮した調理法について、ハートフル・ポートのシェフがお話させていただくことになりました。
日頃このカフェでも大切にしていることをお伝えする機会をいただいたこと、心から感謝申し上げます。

日時:10月3日(土)15時〜
場所:南希望が丘地域ケアプラザ
主催:希望が丘南地区環境事業推進委員連絡協議会・消費生活推進員会

ご参加ご希望の方は、直接会場にお越しくださっていいそうです。
 


1周年感謝月間の最後のイベント「ティータイムをライアー(竪琴)とともに♪」を6月30日に終え、6月の1か月間毎週開催してきた音楽イベントもすべて無事終了しました。 

   
           アイリッシュ・ミュージックの
          須貝知世さん  と  柏木幸雄さん
 
     
    コンサーティーナ/アイリッシュ・ブズーキ
   ギター/フィドル/ティン・ホイッスル/アイリッシュ・フルート

    
           ライアー奏者の井上ゆり子さん  


 アイリッシュミュージックの演奏は今回2回目、ライアーは5回目。
いずれも素晴らしい演奏で、しかも、この距離感! 演奏者の息遣いを感じながら、生演奏を聴けるというのは、本当に贅沢な時間でした。


遠くに行かなくても、素敵な音楽を身近に感じてもらいたいという店主のわがままを、演奏者の皆さまが快く受けとめてくださり、毎回違ったジャンルを、たくさんの方に楽しんでいただけたこと、心から嬉しく、感謝申し上げます。ありがとうございました。
4回のプチ演奏会に来て頂いた皆さま、そして演奏していただいた演奏者の皆さま、本当にありがとうございました。



さて、1周年のイベントを終え、1年が過ぎたんだなあ〜、としみじみとしている店主です。
カフェの経営自体ど素人、料理だってそんなに得意というわけではない――そんな私が、カフェをオープンする!と宣言し、自宅の一階部分を開放して1年…


誰もが気軽に集まっておしゃべりしたり、お茶を飲んだり、食事をしたり、音楽を楽しんだり、ちょっとした文化的な活動もできたりして、ここに来る人みんなが幸せな気持ちになれるようなカフェにしたい!という妄想が実現できたことは、この想いに賛同してスタッフとしてともに走って来てくれた友人4人、そしてこの場所を愛し何度も来てくださる常連の皆さまや、はじめてドキドキしながら扉を開けて入って来てくださった皆さま方のおかげです。本当にありがとうございます。
 

日々の経営のこと、メニューのこと、イベントのこと、いろんなことで悩みながらも、本当に1年が経ったんだね…とスタッフのみんなと振り返ると、このお店のいろんなところにいろんな思い出と光景が思い浮かびます。

   
   


昔は気軽に道端で、縁側で、おしゃべりをすることは当たり前だったけれど、それがなかなかできなくなって、1人家に籠りがちになる人も多くなった現在、近くで気軽におしゃべりができて、ご飯も食べられるのは、とても嬉しいわ!とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
日頃はあまり外に出られない高齢の方も、ちょっとお洒落をして、ちゃんとお化粧をして、とても嬉しそうに中に入って来られます。ここでお友達とおしゃべりをしたり、ちょっとワインでも飲んだり…気軽にお友達と交わり、ちょっとした地域の社交の場になっているようです。時には、赤ちゃん連れから高齢者までが自由に集い、皆さん解放されたような気分になって帰られます。
 

この場所を「カフェ」というスタイルで場を開いたのは、正解だったと思っています。
多くの方が地域の中に居場所を求めています。気軽に集える場所――そこでおしゃべりをしたり、お茶をしたり、ご飯を食べたり…。
しかし、個人の家では、「いつでも来てね」と言われても、なかなか自由に出入りができるものではありませんが、カフェという出入り自由な場所にしたことで、誰もが気兼ねなく扉を開いて入ってきてくださいます。「お邪魔しま〜す」と言って。



以前「プライベートをパブリックに開く時代」というテーマで特集された市民活動支援センターの広報誌に、ハートフル・ポートが掲載されましたが、プライベートだったこの家の一部をパブリックに開いたことは本当によかったと思っています。(それについては、また別の機会に詳しく…)
 

最初はこういうことができるといいな!という「私」ひとりだけの想いが、ここのスタッフ5人の想いとなり、そしてここにいらっしゃるお客さまにその想いが伝わり、人と人とのかかわりを大切にしたいという想いを持っている人方同士がさらに人の輪を広げていってくださいます。

つまり、人は、誰かとつながっていたいという願望があり、誰かに受け止めてほしいという想いがあり、居心地のいい場所にそれを求めて集まって来るように思います。



私が尊敬し、目標であり、そしてお手本としている素敵なカフェがあります。西国分寺にある<クルミドコーヒー>です。その店主の影山知明氏のご著書『ゆっくり、いそげ〜カフェからかじまる人を手段化しない経済〜』のあとがきに、このようなことを書いていらっしゃいます。
 

「20世紀初頭のパリのカフェ。そこにはピカソやヘミングウェイが集い、文化が芽吹き、時代を作る拠点となっていた。なぜあの当時のパリのカフェに、あれだけの偉大な人物たちが集まっていたのか――?……「偉大な人物」がカフェに集っていたのではなく、そこにカフェがあったから、そこに集った人々が後に名を知られるような偉大な人物へと育っていったのだ」
 

「ある種の場が人を育て、そこから時代を動かしていくことがある……人が人を受け止め、刺激し合い、切磋琢磨することが人の中に眠る可能性の目を引き出す。カフェがそうした場の一つでありうるのは、そこが自由だからだ」
 

自由にふらっと来て、お客さん同士で話しをしたり、スタッフと話をしたり、そこからまた新たなつながりに発展したり…。
この一年を振り返ってみると、そんな出逢いもたくさんあったし、新しい発見や気づき、感動や学びもたくさんありました。

「カフェ」という場が果たす役割は、これから先の地域社会の中でもとても大きくなっていくのではないかと思います。ただ美味しいものが食べられる場所ということだけではなく、人と人とがつながっていく場所となり、地域の人にとっての居場所となり、「カフェ」から始まる〇〇〇…、「カフェ」が人を育てていく、もっと大げさに言うと、人が集まって社会をも動かしていくような場所――そういうことを担うようになっていくのでは…。もちろん、パリのカフェのようにはいきませんが。

人が人を受け止め、いい意味で刺激し合い、その人の中に眠る可能性を引き出し、何かを始める一歩を踏み出すきっかけが見つかる場所――そういう場でありたいし、そういう人を応援できる場になりたいものです。


1周年記念イベント最終回にライアー奏者の井上さんが、最後に演奏してくださった、平原綾香の『明日』という曲に次のような歌詞があります。
 

 ♪そっと閉じた本に続きがあるなら
  まだ何にも書かれていない ページがあるだけ

  あの星屑 あの輝き
  手を伸ばしていま 心にしまおう
  明日は新しい わたしがはじまる


何も書かれていないページに、これからどんな物語が書き込まれるのか、楽しみに
7月からもお店を開いていきたいと思います。
 

ここから出港する人にとっても、寄港する人にとっても、ほっとできる港であり続けられるよう…。
今後とも「ハートフル・ポート」をどうぞよろしくお願いいたします。



【ソーシャル・ポート・ヨコハマ】メールマガジン Vol.73 に、ハートフル・ポートが掲載されました。
あわせてここにご紹介させていただきます。

http://socialport-y.jp/?p=7461


  次回のイベントのお知らせ:

   ●「食育」7月4日(土)10時半〜13時
   ●「絵本カフェ」7月10日(金)15時〜

      テーマ:夏、夏休み等 お好きな絵本をお持ちください。参加のみでももちろんOK!
       ※絵本にあわせてライアーの生演奏もありますよ〜!

     お申し込みは、ハートフル・ポート
          ☎:045−777-8159
          mail:cafe@heartful-port.jp   


  ※メニューが、夏仕様になりました!
    これも絵の得意なKさんが作ってくださいました!

     

   デザートのメニューも増えました! 皆さまのお越しをお待ちしています。
 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM