急に暑くなりましたね(> <)"
そんな暑い中、足を運んでくださるみなさま、本当にありがとうございます!

さて、7月29日(火)は、夕方から貸し切りの予約が入っているため、
昼間の営業時間は午後2時までとなります
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
ランチタイムは通常通り行っております!


++++++++夏期休業のお知らせ++++++++

誠に勝手ながら、
8月11日(月)〜8月22日(金)は、夏期休業とさせていただきます。
25日(月)から通常営業いたします。
皆様に憩いの場を今後もご提供できるよう、しばし燃料補給期間とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


 

昨日は、3か月の赤ちゃんから、80代のおばあちゃんまで世代を超えたお客様が集い、ちょっとした異世代交流の場となりました。

赤ちゃんを抱っこしてきた若いママとご近所の方がここでお知り合いになって一緒におしゃべりをしたり、
小学校が最終日で給食がなかったので、お母さんたちとランチを食べに来た小学生たちが赤ちゃんをあやしてあげたり…。

ランチタイムが終わると、カウンター席は小学生たちの勉強机に! 夏休みの宿題を済ませるだとランドセルから勉強道具を出し始めました! 偉い偉い!
そこに、お散歩の途中に寄りましたと、ご近所のデイサービスのおばあちゃんたちが入ってきて、大テーブルは今度はおばあちゃんやおじいちゃんたちの社交の場に…。

「あら〜、勉強をしているなんて偉いわね〜」とカウンターで勉強をしている子供たちを見て、やさしく声をかけてくださるおばあちゃん。さっきまでおしゃべりをしていた男の子たちも、なんか妙に真剣に鉛筆を走らせて…(笑)

いろんな年代の方がここに集い、声を掛け合い、新たなつながりができていく…。

「赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでが集えるようなカフェにしたい」そう思って、オープンした想いが少しずつ現実のものとなり、多くの方にご来店いただけることを心から嬉しく思います。

気軽に立ち寄れて、お茶が飲めて、ランチが食べられ、くつろげるカフェ――
そして、ここで新たな出会いがあり、人と人とがつながっていけるカフェ――

そういえば、最近近くに引っ越して来られた小さいお子さん連れの方が、「ここに来ると実家に帰った気がする」と
言ってくださいました。これこそ、ここが目指すものなんだな〜と思います。

これからもみんなに愛されるカフェとして、おひとりおひとりにとって居心地のいい「居場所」となりますよう、努めていきたいと思います。(G)


ハートフル・ポートのネイルをしてきてくれた方も♡

 

ハートフル・ポートの入口を入って真正面に、素敵な雑貨コーナーがあります。
この作品を作っているのは、「シュガーポット」という鶴ヶ峰にある地域作業所で働いている人たちです。
息子の小学校の同級生がここで働いている関係で、お母様から作品をみせていただいたら、とても素敵なスウェーデン刺繍の小物と、ビーズのアクセサリーです!
障害の度合いによって作品作りに賭ける時間は違うそうですが、何日もかけてひと針ひと針根気よくさしていって作り上げられた作品は本当に素晴らしく、まさに職人技だと思います。販路がなくなってしまって…とおっしゃるので、是非これをうちに置かせてほしいとお願いしました。

これがとても好評で、手に取ってご覧いただいた方はみなさんその手の込んだ刺繍にびっくりされます。
お店でもコースターを使わせていただいていますが、とても好評です!

先日、そのシュガーポットの「作家さん」たちが暑い中、電車を乗り継いで来てくださいました。
自分たちが作った作品がお店に並んでいるのを見て、とても嬉しそうに、
「わあ〜、○○さんが作ったものだ〜」と歓声を上げていました。
「この作品、とても評判がいいんですよ!またたくさん作ってくださいね!」
と言うと、
「うん、がんばるよ!」
と嬉しそうにガッツポーズで応えてくれました。

こんな純粋な人たちの想いを少しでも多くの人に届けられたらいいな、と思います。
お店にいらしたら、是非ご覧くださいね!






 

七夕の今日も、たくさんの方がハートフル・ポートを訪ねてくださいました。
最近では、お客様がどんどん口コミでお知り合いの方をご紹介くださって、「〇〇さんから聞いて…」とご来店くださる方も多くなりました。本当にありがたいことです。

この地域では、子育て、環境など、いろんな地域活動をしているグループがあり、そんな方々がランチミーティングに使っていただいたり、会合の後のランチに使っていただいたりするようになりました。どんな活動をするにせよ、「食べる」ことができて、「話し」ができる場所というのは、この住宅街の中には必要なようです。
今日は、区役所の地域振興課の方々もいらして下さいました。新たな活動の拠点ともなりそうで、楽しみです。

そんな中、先週土曜日(定休日)にここに来られた年配の女性の方が、今日改めて来てくださいました。
ひとりでふらりといらしたその女性は、入ってくるなり、
「私ね、こんな場所がほしかったのよ〜。本当にありがとうね」といきなり嬉しそうに、満面の笑顔でおっしゃいました。
「ありがとう」を連発されて、お食事を召し上がったあとで、
「ご近所にお孫さんが生まれた方がいるんだけど、どんな絵本がおススメかしら?」
とおっしゃるので、こんなのはどうですか?と谷川俊太郎さんの『もこもこ』をお見せすると、
「あ、この本、テレビで紹介されていたものだわ。まあ、いいわね〜」
と本の題名をメモされて…。
「今日はここに来て、本当によかったわ。ここ、ずっと続けてね」「また来るわね」と、嬉しそうに帰られました。

ひとりでもふらりと入ってきやすいお店――。
楽しいおしゃべりができるお店――。
美味しいご飯が食べられるお店――。

これからも地域の方たちにとって、ここが憩いの場となりますように……今夜はお星さまに願いを込めて…


おふくろのお昼ご飯
 手作りのお豆腐寄せと塩豚のサラダ仕立てが高齢者には食べやすいと人気です。


サラダピザ
 バルサミコ酢のドレッシングをかけて、さっぱりと。
 採れたてラディッシュは、ご近所のおじさんが持ってきてくれたもの。

 

多くの方に支えられて、無事3週間を終えました。
27日(金)はご予約のほかにたくさんの方に来ていただき、ランチタイムはカウンター席まで使って満席でした。
そんな中、杖をついて歩いて来てくれたおばあちゃん連れのご家族をご案内できず、本当に申し訳なく思いました。歩いて来られるところだからと、来てくださったのに…。こういう方にこそゆっくりとご飯を食べていただきたかったのに。本当にごめんなさい。

私にとってもお気に入りの場所であるカウンター席は、お客様と身近におしゃべりができるちょっとしたスポットです。
まるで我が家のように、ちょろっとお昼ご飯を食べに来てくれるリピーターのおじいちゃん、近くに住むフィリピン人ママ、仕事の合間にちょっと立ち寄ってご飯を食べていってくれる友人…。たわいもないことをこのカウンター越しにおしゃべりできるのは、私にとってもとても楽しいひと時です。

住宅街の中のカフェ。赤ちゃんからお年寄りまで気軽に来てもらえる場所に…。その想いは少しずつ浸透していっているかな…。
お茶が飲めて、ご飯が食べられて、おしゃべりがでできる…こういう場所がやっぱり地域の中には必要なんだな…そんなことを実感しているところです。

さて、来週もどんな出会いがあるのか、楽しみです!皆様のお越しをお待ちしています!(G)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM