この時期だからこそ、思っていることを語り合おう――第2回「ざっくばらんにしゃべらん会」テーマは「平和」。

誰もが願う平和。
誰も戦争なんかを望んではいない。
でも、これから一体日本はどうなるの?

そもそも平和ってなに?
なぜ戦争は起こるの?
起きないためにどうすればいいの?

そんな疑問を持つ私達が、実際に戦争を体験した方の話を聞いて考える機会となりました。
このご近所に住む86歳のKさん。当時の状況とご自身の状況とを重ね合わせながらお話してくださったあと、Sさんが進行役となって参加者がそれぞれの意見を語り合う。参加者は大学生から86歳の19名。

      

実際にこうして生の声をお聞きできる機会はこれから少なくなるでしょう。
国の行く先もとても心配ですが、今私達にできることは、争いにならない世界を作ること――。
戦争は人が生み出すもの。生み出さない社会をつくるには、人が人を思いやり、いろんな立場の人に想いを馳せ、耳を傾けること――。



大人が作り出す争いに子どもたちを巻き込んではいけない――。
Kさんのお話から、今の状況は第2次世界大戦の前の状況に似ているとも――。
日本がこの70年、平和に暮らせたのも確かに安全保障条約で守られてきたというのも事実――。
だから、これからこの国の平和を守るにはどうすればいいのか――もっともっと国民的議論が必要なのでは――。

ここでこうして話したことで世の中の何かが変わるわけではない。しかし、参加者一人一人が平和に対する想いを自分自身のこととして考えるきっかけになったのは間違いないと思います。

お酒も入り、参加者も言いたいことを言い、人の意見に耳を傾け、新しい出会いもあり、新たなつながりへと発展できたのではないかと思います。なにより、この地域でこのようなことを話ができる人が集まって、世の中のことをちょっと真剣に考えることができたことがとても嬉しく、そういう時間と場が必要だと感じました。



今日、お料理を作ってくださったのは、ご夫婦でお料理が得意のO夫妻。ご主人は理系男子。料理は実験に似ているとか。計算に基づいた男料理を披露して下り、奥様は温かいおふくろの味。参加者も皆さん大喜びでした!
ギター持参で参加してくださったMさん。みんなで「イマジン」を熱唱し、歌を通して平和への想いを馳せる。

  




美味しい料理と美味しいお酒、そして仲間とともに語り合い、時々歌♪――これからもこの「しゃべらん会」は続けていきたいと思います。
こういうことを話したい!というご意見などありましたら、お寄せ下さい。
次回のテーマは「教育」?というごご希望もあります。
次回も多くの方のご参加をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本のご紹介
『零の進軍(上)(下)』 
 


第2次世界大戦に従軍した人の年齢は90歳を超える現在、「新老人の会」熊本支部の会員が自らの生々しい一兵卒の戦場記録として渾身の超大作を出版されました。食料も生活用品も現地住民から奪い、自分がどこにいるのか、どこに向かうのか兵士は知らない。自分の意志での行動は許されない。ただ命令に従うだけ。そんな中おびただしい命が消えていった…。
想像を絶する当時の状況――戦後70年になる今年、貴重な体験談として多くの方に読んでいただきたい本です。
 
 吉岡儀一/著 ■発行/新老人の会 熊本支部 ■発売 創流出版
 ご希望の方は、ハートフル・ポートまで。(会員価格でお分けします)

新老人の会 熊本支部
http://kumamoto-shinroujin.jimdo.com/

 


戦後70年目の今年、平和ってなんだろう、ということをみんなで考える場を設けました。

長い歴史の中で、今私達が生きているこの時代ってどういうときなのか、
それぞれの視点で、思い思いの平和について語り合えたらと思います。

これからの世界、日本、社会、家庭…が平和であるには――
呑みながら、食べながら、ざっくばらんにしゃべりませんか?
いろんな年代の方のご参加をお待ちしています。

ギターの生演奏もあり?


 


第3回「大人のための絵本カフェ」本日も素敵な絵本の世界へいざ、出発!



今日のお題は、「うみ」「夏休み」。
それぞれの思い出の絵本や、この季節にふさわしい絵本をシェア。



参加者もいろんな年代。小さいお子さん連れから、中学校で読み聞かせをしているという方も。
その絵本に対する想いやエピソードをお聴きすると、一冊の絵本からその人自身の物語が紡ぎだされる気がして、
絵本の持つ力を改めて実感しました。



知っている絵本も、みんなで共有することで、新たな発見も。
「夏」…ということで、戦争に関する絵本をご紹介してくださった方も。
戦争を子どもたちにどう伝えるか、絵本だから伝わるリアリティもあるな…と実感。
字のない絵本、写真絵本、モノクロ絵本、仕掛け絵本、教科書に載っているけど、本当はこんな絵本…など。

そして、今日も井上さんが物語にあわせて、ライアーの即興演奏をしてくださり、
一冊の絵本を読んでもらいながら、まるで小さな小劇場にいるような錯覚に。


即興とは思えない、絵本の絵とストーリーにあった、でも決して主張することのない優しい調べにうっとり。


今日のラインナップはこちら↓


次回の第4回「大人のための絵本カフェ」は、
 9月10日(木)15時〜16時半
 お題は、「たべもの」、「くだもの」、「旅」です。

大人だからこそ楽しめる「絵本カフェ」。
興味のある方、ご一緒に絵本の世界の扉を開いてみませんか?


お問い合わせ、ご予約は…
  ハートフル・ポート
  045⁻777-8159
  cafe@heartful-port.jp

 


「やさしい食育」
  7月4日(土)10時半〜13時

    未来の自分の健康は、毎日の食事がとても大事。
    長い間アトビーに苦しんでいた息子さんを「食育」で健康にされた新田さんが
    食の大切さをわかりやすくお話してくださいます。

     講師:新田三樹(日本食育学会・食育指導師)
     参加費2000円(お話と健康ランチ付き)


第3回「大人のための絵本カフェ」
  7月10日(金)15時〜17時

    絵本が好きな方、絵本について知りたい方が集まって、
    絵本を読みあったり、語り合う会です。
    人生の大切なことは絵本にある――大人こそ、絵本を!
        
    今回は、ライアー奏者の井上さんが
    絵本にあわせて即興で演奏してくださいます

    ステキな音楽と絵本のコラボレーション――
    生演奏付の絵本カフェです!
   
     お題:海、夏休み
       お好きな絵本をお持ちくださっても、
       他の方のお話を聞くだけでも!        
     参加費:500円(ドリンク付き)

  その昔子どもだったみなさんのお越しをお待ちしています。
      





第2回「ざっくばらんにしゃべらん会」
  8月1日(土)18時〜


今回のテーマは、ずばり「平和」!
世界の平和、日本の平和、社会の平和、学校の…、職場の…、地域の…、親子の…、夫婦の…、日頃皆さんが感じている平和について、それぞれの立場で語り合おうというもの。

これからの日本にとって、大きな転換期になるかもしれないこの時に、一緒に呑みながら、食べながら、平和って何だろうといったことについて、ざっくばらんにしゃべりあいたいと思います。しゃべりたい人、聞きたい人、お待ちしています!先着20名様です!

 日 時:8月1日(土)18時〜20時半
 参加費:2000円(飲み放題、食事つき)
   アルコール等、お好きな飲み物がありましたら、持ち込み大歓迎です!

 


1周年感謝月間の最後のイベント「ティータイムをライアー(竪琴)とともに♪」を6月30日に終え、6月の1か月間毎週開催してきた音楽イベントもすべて無事終了しました。 

   
           アイリッシュ・ミュージックの
          須貝知世さん  と  柏木幸雄さん
 
     
    コンサーティーナ/アイリッシュ・ブズーキ
   ギター/フィドル/ティン・ホイッスル/アイリッシュ・フルート

    
           ライアー奏者の井上ゆり子さん  


 アイリッシュミュージックの演奏は今回2回目、ライアーは5回目。
いずれも素晴らしい演奏で、しかも、この距離感! 演奏者の息遣いを感じながら、生演奏を聴けるというのは、本当に贅沢な時間でした。


遠くに行かなくても、素敵な音楽を身近に感じてもらいたいという店主のわがままを、演奏者の皆さまが快く受けとめてくださり、毎回違ったジャンルを、たくさんの方に楽しんでいただけたこと、心から嬉しく、感謝申し上げます。ありがとうございました。
4回のプチ演奏会に来て頂いた皆さま、そして演奏していただいた演奏者の皆さま、本当にありがとうございました。



さて、1周年のイベントを終え、1年が過ぎたんだなあ〜、としみじみとしている店主です。
カフェの経営自体ど素人、料理だってそんなに得意というわけではない――そんな私が、カフェをオープンする!と宣言し、自宅の一階部分を開放して1年…


誰もが気軽に集まっておしゃべりしたり、お茶を飲んだり、食事をしたり、音楽を楽しんだり、ちょっとした文化的な活動もできたりして、ここに来る人みんなが幸せな気持ちになれるようなカフェにしたい!という妄想が実現できたことは、この想いに賛同してスタッフとしてともに走って来てくれた友人4人、そしてこの場所を愛し何度も来てくださる常連の皆さまや、はじめてドキドキしながら扉を開けて入って来てくださった皆さま方のおかげです。本当にありがとうございます。
 

日々の経営のこと、メニューのこと、イベントのこと、いろんなことで悩みながらも、本当に1年が経ったんだね…とスタッフのみんなと振り返ると、このお店のいろんなところにいろんな思い出と光景が思い浮かびます。

   
   


昔は気軽に道端で、縁側で、おしゃべりをすることは当たり前だったけれど、それがなかなかできなくなって、1人家に籠りがちになる人も多くなった現在、近くで気軽におしゃべりができて、ご飯も食べられるのは、とても嬉しいわ!とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
日頃はあまり外に出られない高齢の方も、ちょっとお洒落をして、ちゃんとお化粧をして、とても嬉しそうに中に入って来られます。ここでお友達とおしゃべりをしたり、ちょっとワインでも飲んだり…気軽にお友達と交わり、ちょっとした地域の社交の場になっているようです。時には、赤ちゃん連れから高齢者までが自由に集い、皆さん解放されたような気分になって帰られます。
 

この場所を「カフェ」というスタイルで場を開いたのは、正解だったと思っています。
多くの方が地域の中に居場所を求めています。気軽に集える場所――そこでおしゃべりをしたり、お茶をしたり、ご飯を食べたり…。
しかし、個人の家では、「いつでも来てね」と言われても、なかなか自由に出入りができるものではありませんが、カフェという出入り自由な場所にしたことで、誰もが気兼ねなく扉を開いて入ってきてくださいます。「お邪魔しま〜す」と言って。



以前「プライベートをパブリックに開く時代」というテーマで特集された市民活動支援センターの広報誌に、ハートフル・ポートが掲載されましたが、プライベートだったこの家の一部をパブリックに開いたことは本当によかったと思っています。(それについては、また別の機会に詳しく…)
 

最初はこういうことができるといいな!という「私」ひとりだけの想いが、ここのスタッフ5人の想いとなり、そしてここにいらっしゃるお客さまにその想いが伝わり、人と人とのかかわりを大切にしたいという想いを持っている人方同士がさらに人の輪を広げていってくださいます。

つまり、人は、誰かとつながっていたいという願望があり、誰かに受け止めてほしいという想いがあり、居心地のいい場所にそれを求めて集まって来るように思います。



私が尊敬し、目標であり、そしてお手本としている素敵なカフェがあります。西国分寺にある<クルミドコーヒー>です。その店主の影山知明氏のご著書『ゆっくり、いそげ〜カフェからかじまる人を手段化しない経済〜』のあとがきに、このようなことを書いていらっしゃいます。
 

「20世紀初頭のパリのカフェ。そこにはピカソやヘミングウェイが集い、文化が芽吹き、時代を作る拠点となっていた。なぜあの当時のパリのカフェに、あれだけの偉大な人物たちが集まっていたのか――?……「偉大な人物」がカフェに集っていたのではなく、そこにカフェがあったから、そこに集った人々が後に名を知られるような偉大な人物へと育っていったのだ」
 

「ある種の場が人を育て、そこから時代を動かしていくことがある……人が人を受け止め、刺激し合い、切磋琢磨することが人の中に眠る可能性の目を引き出す。カフェがそうした場の一つでありうるのは、そこが自由だからだ」
 

自由にふらっと来て、お客さん同士で話しをしたり、スタッフと話をしたり、そこからまた新たなつながりに発展したり…。
この一年を振り返ってみると、そんな出逢いもたくさんあったし、新しい発見や気づき、感動や学びもたくさんありました。

「カフェ」という場が果たす役割は、これから先の地域社会の中でもとても大きくなっていくのではないかと思います。ただ美味しいものが食べられる場所ということだけではなく、人と人とがつながっていく場所となり、地域の人にとっての居場所となり、「カフェ」から始まる〇〇〇…、「カフェ」が人を育てていく、もっと大げさに言うと、人が集まって社会をも動かしていくような場所――そういうことを担うようになっていくのでは…。もちろん、パリのカフェのようにはいきませんが。

人が人を受け止め、いい意味で刺激し合い、その人の中に眠る可能性を引き出し、何かを始める一歩を踏み出すきっかけが見つかる場所――そういう場でありたいし、そういう人を応援できる場になりたいものです。


1周年記念イベント最終回にライアー奏者の井上さんが、最後に演奏してくださった、平原綾香の『明日』という曲に次のような歌詞があります。
 

 ♪そっと閉じた本に続きがあるなら
  まだ何にも書かれていない ページがあるだけ

  あの星屑 あの輝き
  手を伸ばしていま 心にしまおう
  明日は新しい わたしがはじまる


何も書かれていないページに、これからどんな物語が書き込まれるのか、楽しみに
7月からもお店を開いていきたいと思います。
 

ここから出港する人にとっても、寄港する人にとっても、ほっとできる港であり続けられるよう…。
今後とも「ハートフル・ポート」をどうぞよろしくお願いいたします。



【ソーシャル・ポート・ヨコハマ】メールマガジン Vol.73 に、ハートフル・ポートが掲載されました。
あわせてここにご紹介させていただきます。

http://socialport-y.jp/?p=7461


  次回のイベントのお知らせ:

   ●「食育」7月4日(土)10時半〜13時
   ●「絵本カフェ」7月10日(金)15時〜

      テーマ:夏、夏休み等 お好きな絵本をお持ちください。参加のみでももちろんOK!
       ※絵本にあわせてライアーの生演奏もありますよ〜!

     お申し込みは、ハートフル・ポート
          ☎:045−777-8159
          mail:cafe@heartful-port.jp   


  ※メニューが、夏仕様になりました!
    これも絵の得意なKさんが作ってくださいました!

     

   デザートのメニューも増えました! 皆さまのお越しをお待ちしています。
 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM