1周年感謝月間の最後のイベント「ティータイムをライアー(竪琴)とともに♪」を6月30日に終え、6月の1か月間毎週開催してきた音楽イベントもすべて無事終了しました。 

   
           アイリッシュ・ミュージックの
          須貝知世さん  と  柏木幸雄さん
 
     
    コンサーティーナ/アイリッシュ・ブズーキ
   ギター/フィドル/ティン・ホイッスル/アイリッシュ・フルート

    
           ライアー奏者の井上ゆり子さん  


 アイリッシュミュージックの演奏は今回2回目、ライアーは5回目。
いずれも素晴らしい演奏で、しかも、この距離感! 演奏者の息遣いを感じながら、生演奏を聴けるというのは、本当に贅沢な時間でした。


遠くに行かなくても、素敵な音楽を身近に感じてもらいたいという店主のわがままを、演奏者の皆さまが快く受けとめてくださり、毎回違ったジャンルを、たくさんの方に楽しんでいただけたこと、心から嬉しく、感謝申し上げます。ありがとうございました。
4回のプチ演奏会に来て頂いた皆さま、そして演奏していただいた演奏者の皆さま、本当にありがとうございました。



さて、1周年のイベントを終え、1年が過ぎたんだなあ〜、としみじみとしている店主です。
カフェの経営自体ど素人、料理だってそんなに得意というわけではない――そんな私が、カフェをオープンする!と宣言し、自宅の一階部分を開放して1年…


誰もが気軽に集まっておしゃべりしたり、お茶を飲んだり、食事をしたり、音楽を楽しんだり、ちょっとした文化的な活動もできたりして、ここに来る人みんなが幸せな気持ちになれるようなカフェにしたい!という妄想が実現できたことは、この想いに賛同してスタッフとしてともに走って来てくれた友人4人、そしてこの場所を愛し何度も来てくださる常連の皆さまや、はじめてドキドキしながら扉を開けて入って来てくださった皆さま方のおかげです。本当にありがとうございます。
 

日々の経営のこと、メニューのこと、イベントのこと、いろんなことで悩みながらも、本当に1年が経ったんだね…とスタッフのみんなと振り返ると、このお店のいろんなところにいろんな思い出と光景が思い浮かびます。

   
   


昔は気軽に道端で、縁側で、おしゃべりをすることは当たり前だったけれど、それがなかなかできなくなって、1人家に籠りがちになる人も多くなった現在、近くで気軽におしゃべりができて、ご飯も食べられるのは、とても嬉しいわ!とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
日頃はあまり外に出られない高齢の方も、ちょっとお洒落をして、ちゃんとお化粧をして、とても嬉しそうに中に入って来られます。ここでお友達とおしゃべりをしたり、ちょっとワインでも飲んだり…気軽にお友達と交わり、ちょっとした地域の社交の場になっているようです。時には、赤ちゃん連れから高齢者までが自由に集い、皆さん解放されたような気分になって帰られます。
 

この場所を「カフェ」というスタイルで場を開いたのは、正解だったと思っています。
多くの方が地域の中に居場所を求めています。気軽に集える場所――そこでおしゃべりをしたり、お茶をしたり、ご飯を食べたり…。
しかし、個人の家では、「いつでも来てね」と言われても、なかなか自由に出入りができるものではありませんが、カフェという出入り自由な場所にしたことで、誰もが気兼ねなく扉を開いて入ってきてくださいます。「お邪魔しま〜す」と言って。



以前「プライベートをパブリックに開く時代」というテーマで特集された市民活動支援センターの広報誌に、ハートフル・ポートが掲載されましたが、プライベートだったこの家の一部をパブリックに開いたことは本当によかったと思っています。(それについては、また別の機会に詳しく…)
 

最初はこういうことができるといいな!という「私」ひとりだけの想いが、ここのスタッフ5人の想いとなり、そしてここにいらっしゃるお客さまにその想いが伝わり、人と人とのかかわりを大切にしたいという想いを持っている人方同士がさらに人の輪を広げていってくださいます。

つまり、人は、誰かとつながっていたいという願望があり、誰かに受け止めてほしいという想いがあり、居心地のいい場所にそれを求めて集まって来るように思います。



私が尊敬し、目標であり、そしてお手本としている素敵なカフェがあります。西国分寺にある<クルミドコーヒー>です。その店主の影山知明氏のご著書『ゆっくり、いそげ〜カフェからかじまる人を手段化しない経済〜』のあとがきに、このようなことを書いていらっしゃいます。
 

「20世紀初頭のパリのカフェ。そこにはピカソやヘミングウェイが集い、文化が芽吹き、時代を作る拠点となっていた。なぜあの当時のパリのカフェに、あれだけの偉大な人物たちが集まっていたのか――?……「偉大な人物」がカフェに集っていたのではなく、そこにカフェがあったから、そこに集った人々が後に名を知られるような偉大な人物へと育っていったのだ」
 

「ある種の場が人を育て、そこから時代を動かしていくことがある……人が人を受け止め、刺激し合い、切磋琢磨することが人の中に眠る可能性の目を引き出す。カフェがそうした場の一つでありうるのは、そこが自由だからだ」
 

自由にふらっと来て、お客さん同士で話しをしたり、スタッフと話をしたり、そこからまた新たなつながりに発展したり…。
この一年を振り返ってみると、そんな出逢いもたくさんあったし、新しい発見や気づき、感動や学びもたくさんありました。

「カフェ」という場が果たす役割は、これから先の地域社会の中でもとても大きくなっていくのではないかと思います。ただ美味しいものが食べられる場所ということだけではなく、人と人とがつながっていく場所となり、地域の人にとっての居場所となり、「カフェ」から始まる〇〇〇…、「カフェ」が人を育てていく、もっと大げさに言うと、人が集まって社会をも動かしていくような場所――そういうことを担うようになっていくのでは…。もちろん、パリのカフェのようにはいきませんが。

人が人を受け止め、いい意味で刺激し合い、その人の中に眠る可能性を引き出し、何かを始める一歩を踏み出すきっかけが見つかる場所――そういう場でありたいし、そういう人を応援できる場になりたいものです。


1周年記念イベント最終回にライアー奏者の井上さんが、最後に演奏してくださった、平原綾香の『明日』という曲に次のような歌詞があります。
 

 ♪そっと閉じた本に続きがあるなら
  まだ何にも書かれていない ページがあるだけ

  あの星屑 あの輝き
  手を伸ばしていま 心にしまおう
  明日は新しい わたしがはじまる


何も書かれていないページに、これからどんな物語が書き込まれるのか、楽しみに
7月からもお店を開いていきたいと思います。
 

ここから出港する人にとっても、寄港する人にとっても、ほっとできる港であり続けられるよう…。
今後とも「ハートフル・ポート」をどうぞよろしくお願いいたします。



【ソーシャル・ポート・ヨコハマ】メールマガジン Vol.73 に、ハートフル・ポートが掲載されました。
あわせてここにご紹介させていただきます。

http://socialport-y.jp/?p=7461


  次回のイベントのお知らせ:

   ●「食育」7月4日(土)10時半〜13時
   ●「絵本カフェ」7月10日(金)15時〜

      テーマ:夏、夏休み等 お好きな絵本をお持ちください。参加のみでももちろんOK!
       ※絵本にあわせてライアーの生演奏もありますよ〜!

     お申し込みは、ハートフル・ポート
          ☎:045−777-8159
          mail:cafe@heartful-port.jp   


  ※メニューが、夏仕様になりました!
    これも絵の得意なKさんが作ってくださいました!

     

   デザートのメニューも増えました! 皆さまのお越しをお待ちしています。
 


ハートフル・ポート開店1周年記念イベントの第1弾「アフタヌーン・ジャズ」と
第2弾「ピアノとギターの弾き語り 〜Let's Sing Together!〜」は
満席のなか、皆さんと一緒にとても楽しいランチタイム&ティータイムとなりました。
ご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました。



6月8日(月)1周年目となるこの日、ハートフル・ポートは、
ジャズの調べに包まれた素敵な空間となりました。

ジャズボーカルの新田みきさん。
さすがいろんなところでライブ活動をされているだけあって、
安定した歌声と飾らない人柄に、皆さん引き込まれていました。


ピアノの立花保子さん。ジャズボーカルもされるとか。
演奏も素晴らしかったです。


息がぴったり合ったおふたり。ジャズを聴きながらお茶を飲み…
とても贅沢で素敵な昼下がりとなりました。


新田さん、立花さん、ありがとうございました。



第2弾、6月15日(月)15時〜のピアノとギターの弾き語り 〜懐かしのフォークソングを一緒に歌おう〜は、
とても賑やかなひと時でした。参加者はほとんどが50代〜。なつかしいあの時代へタイムスリップ!
実は、姉と弟のおふたりの共演ははじめてだとか?


ピアノと歌は姉の堰ひとみさん。本当はクラシックが専門。
その澄んだ歌声には本当に心が癒されます。人を引き込むパワーのある素敵な方です。



一方、弟の込山正徳さんは、ちょっとやんちゃなタイプ(笑)。
普段はギターを片手にご近所を回っているとか…
会場の皆さんも一緒に参加して、大いに盛り上がりました。


スタッフが作ってくれた1周年記念のケーキ。

感謝のクッキー。


第3弾は、6月23日(火)13時〜13時半 15時〜15時半
アイリッシュ・ミュージック プチライブです。
アイリッシュ・ミュージックを生で聴けるなんてなかなかチャンスはないですよ!

15時〜ティータイムの方はは、まだ多少お席に空きがあります。ご予約はお早めに!

6月30日(火)15時〜「ティータイムをライアーとともに」もまだ多少空きがあります!
皆さんのお越しをお待ちしています。



これからも、皆さまに愛される「まちのカフェ」として、末永くこの場所で皆様の憩いの場所となれるよう、スタッフ一同頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!


たくさんの「ありがとう」を込めて♥
 
〜ハートフル・ポート 1周年記念〜

                  
この街に、気軽に立ち寄れるこんなカフェがあるといいな〜と思って、
オープンして1
年――。
昨年6月8日の開店以来、本日まで3162人ものお客様に来て頂きました。
平日のみ、それも週4日のみというわがままな営業にもかかわらず、
こんなに多くの方にご来店いただき、たくさんの素敵な出会いがあったこと、
心からお礼申し上げます。

1年間ここを応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます!

6月はその感謝月間としまして、
毎週ちょっとしたミニ・コンサートを開催することにいたしました。
遠くに行かなくても、地域で気軽に音楽を楽しんでいただきたいという思いは
オープン当初からあり、一年たってそれが実現できてきたこと、演奏にご協力
いただいた方はもちろん、聴きにいらしていただいた皆様にも心より感謝申し上げます。

今回は、その感謝の気持ちを込めて、ミュージック・チャージは一切なし!
 
通常通り、ランチタイムはランチを、ティータイムはケーキセット等の代金のみをいただきます。

演奏していただく方も、演奏を聴かれる方も、お食事やお茶を召し上がりながら、
皆さん一緒に楽しいひと時を共有できたら嬉しく思います。

どうぞお気軽に、お食事・お茶のお時間を音楽とともにお楽しみください。

これからも皆さまに愛される「街のカフェ」として、憩いの場所となれるよう
努めてまいりたいと思います!
皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしています。

お席をご用意できるよう、できればお早目にご予約をお願いいたします。

  


1.アフタヌーン・ジャズ♪

6月8日(月)13:00〜13:30 (Lunch time)

 歌  :新田みき(ジャズ・ボーカリスト:横浜・六本木でライブ活動)
 演奏:立花保子ジャズ・ピアニスト:主要ホテル・六本木等で
                  弾き語り演奏活動、立花音楽教室主宰)

  ※11時半からランチをご予約承ります。



 
2.ピアノとギターの弾き語り 
   〜
Let’s sing together♪〜

     懐かしい曲をご一緒に歌いませんか?

6月15日(月)15:00〜15:30 (Tea time)
 
    
 演奏と歌:堰仁美(ピアノ:洗足学園音楽大学声楽科卒業、
                            ピアノ/
合唱指導)

 演奏と歌:込山正徳ギター:TVディレクターとして数々の番組制作の傍ら、
                        
ライブハウスなどでの音楽活動も)

 ※この日はランチタイムはいったん14時には閉めさせていただき、改めて
  ティータイムのご予約をいただきます。


3.アイリッシュ・ミュージック プチライブ♪ 

6月23日(火)。隠魁В娃亜腺隠魁В械亜(Lunch time)
        ■隠機В娃亜腺隠機В械亜(Tea time)


  演奏:須貝知世アイリッシュ・フルート/ティン・ホイッスル/
                                 
コンサーティーナ
      柏木幸雄…ギター/フィドル/アイリッシュ・ブズーキ

 ※ランチタイムは11時半からご予約承ります。ランチタイムはいったん14時に閉めさせていただき、
  入れ替えでティータイムのご予約をいただきます。

 

4.ティータイムをライアー(竪琴)とともに♪
 
6月30日(火)15:00〜15:30 (Tea time)

 演奏:井上ゆり子(ライアー:昭和音楽大学付属音楽教室講師。
                昭和音楽大学
非常勤講師。
                            音楽ユニット「Musica
・4・Tune」)
 
 ※この日はランチタイムは14時でいったん閉めさせていただき、改めて
  ティータイムのご予約をいただきます。




  ご予約・お問い合わせは、ハートフル・ポートへ
        045-777-8159  
     mailcafe@heartful-port.jp
      
          
※満席の場合は、ご予約の方を優先とさせていただきます。
    各回定員20
名です。

        

入口脇の「ジューンベリー」の木に赤い実がたくさんつきました。
ブルーベリーより少し小ぶりの可愛い実です。


この季節に実を結ぶたくさんの真っ赤な実。
この一粒一粒がとても愛おしくなります!

                                   
 


第2回「大人のための絵本カフェ」の絵本のラインナップ!
今回も素敵な絵本に出会えました。



今回のテーマは、「みどり」と「おと」。
新緑にふさわしい絵本、素敵な音が聞こえてくるような絵本。
そして、それぞれお気に入りの絵本!

子どもが小さかった頃は、子どものために読んでいた絵本も、
その子どもが大きくなった今となっては、それが自分にとっての子育ての大事な
核となっていることに気づきます。

母と子の日常の何気ない一瞬を切り取り、母であることの喜び、そして
子どもがこんなにも愛おしいと思い出させてくれる絵本…
絵と言葉のコラボレーションが素晴らしい絵本…
思わず額縁に入れて飾りたくなるような美しい絵本…
人生について深く考えさせられる絵本…



大人だからこそ味わえる絵本たち。
いろんな人生経験を積んできたからこそ、味わえる絵本の奥深さ。
絵本好きの人の話を聞いていると、その人の想いや人生観なども見えて
とても興味がそそられます。
おそらく自分では手に取ることはなくても、
ほかの人が選んだ絵本の中に心にぐっとくる絵本があるものです。
そんな時は思わず飛び上がりたくなります。

絵本とは、決して子どものためだけのものではないと思います。
子育て中のお母さんにとっても、絵本を読んであげることで、自分自身の
心が豊かになりますし、短い言葉で簡潔に書かれた絵本には、
その言葉の裏に秘められた大切なことが込められています。
心に余裕がないときも、疲れた時も、ふっと絵本のページをめくってみると
穏やかな気持ちになります。

絵本が育む暮らし、まちづくりの発想が満載の本もご紹介いただきました。
絵本が人と人とをつなぐようなまち…そんなまちになればいいなあ〜、
なんて思いながら、次回の「絵本カフェ」楽しみにしています。
ちょっとでも興味のある方、是非お気軽にいらして下さいね〜


次回の「大人のための絵本カフェ」は、7月10日(金)15時〜です。
大人こそ絵本を!

いつもこの会をコーディネートしてくださるSさん、ありがとうございます!

大人こそ絵本を!

小さい頃読んだ絵本…
大人になって出会った絵本…
ふっと心が温かくなる絵本…
はっと大切なことを思い出させてくれる絵本…

人生経験を積んだ今だからこそ味わえる絵本の奥深さを
ご一緒に味わいませんか?

今からのご参加も大歓迎です!
どうぞお気軽にご参加ください。
お好きな絵本をご持参で、あるいはほかの方のお話を聞くだけでも…
参加ご希望の方は、
☎045-777−8159
✉cafe@heartful-port.jp    まで。

日常の生活に追われる今だからこそ…


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM