3年前の6月、2世帯住宅の1階部分に住んでいた義母が亡くなった。
それまでの介護の日々はとても大変で、私自身も心身ともにかなりしんどかった。
しかし、実際にその義母を看取り、誰からも使われなくなって暗く沈んだ部屋にいると、なんだかとても寂しくなり、気持ちがどんどん落ち込んでいった。
せっかくのスペース。ここをもっと明るくして、みんなが集まれる場所にしたら、きっと義母も喜んでくれるはず。

それからというもの、私は同じような思いをしている人と会ってお話を聞いたり、街づくりや居場所づくりの勉強会などにも参加し、そして下した決断が、まずはここに「カフェ」を作るということだった。

ひとり暮らしのおばあちゃんやおじいちゃん、パートと家族の世話で疲れているお母さん、子育て中のママたち。
学校帰りの小学生や中学生。そんな人たちが気軽に集まって、ここに来ておしゃべりをしたり、新しい出逢いなんかがあったらいいなと思う。
人と人との交わりが少なくなったと言われる昨今だが、本当はみんなそれを求めているように思う。
誰かとつながっていたいし、話を聞いてもらいたいし、友達になりたいのだと思う。

何かのきっかけがあれば、人は人とつながることができる。
年齢に関係なく、心と心も通じ合える。

ひとりで食べるご飯より、みんなでワイワイ言いながら食べるご飯の方が美味しい。
気軽にお茶を飲みに立ち寄って、ゆったりした時間を過ごしてもらえるのもいい。
ひとりで家にいる人も、家では忙しくてゆっくりお茶なんて飲めない人も、ここに来て、一服できる場所…
そんな「街のカフェ」としてみんなから愛されるような場所にしていきたい。

はじめは本当にできるのか、私自身も疑心暗鬼だった。
どういう形で進めた方がいいのか? どういう場所にしたいのか? コンセプトは? 内装は? 外構は?  改築の資金は? 家具は? スタッフは?

全てのことがわからないだらけの、まったく手探り状態だった。
でも、動き出せば、きっと何かが見えてくるはず。(と案外安易に考えてスタートした)
そう思って、とりあえず、このカフェのイメージを描きながら、動き出したのだ。
勝手な思いだけから始まったこの動きに賛同してくれる仲間がひとり、二人を増えていった。

2年がかりの構想――
そして、6月8日(日)、いよいよ「ハートフル・ポート」がオープンする。

ご近所にはチラシを配り、数日前からチラシを玄関の前に置いてみた。夕方になると、ほとんどなくなっている。
今日は、「チラシ見たんですけど…」と、年配の女性から電話があった。
少しずつ、広がっていけばいい。

ここに至るまでは、本当にたくさんの人にお世話になった。たくさんの協力をしてもらった。
このブログでは、そのすべてに感謝の気持ちを込めて、その過程で感じたことや実際に苦労してきたこと、そしてこれからのことなど、あれこれを綴っていきたいと思う。(G)


 

Comment
本日はオープニングパーティ前のお忙しいときに、わざわざお招きに預かり有り難うございました。
その際に、このカフェのオープンに至る事情をいろいろとお伺い致しました。
 私共夫婦がこの街に住みついて既に60年、この長い間を親しくお付き合いさせて頂きましたお母様が亡くなられて3年が過ぎ、その思い出を胸にこのようなカフェの設立をお考えになられたとのこと、奥様の前向きな姿勢と同時にこれを支えたご主人の理解あるご協力を羨ましく思いました。
 私共夫婦も、既に予定の交響曲は終楽章を演じ終わり、勝手に好きなアンコール曲を奏でている状況ですが、もう少し残り少ない人生を楽しみたいと思っております。その過程でこのハートフル・ポートを折々利用させて頂こうと思っております。
 
  • 柏崎
  • 2014/06/08 16:25
柏崎さま
今日はお越しいただき、ありがとうございました。
まずはご近所の方々に見ていただきたく、ご案内をさせていただきました。
義母が長年住んでいたこの家を今度は地域の方々に使っていただけると、義母も天国できっと喜んでくれているものと思います。

またゆっくりとお出かけ下さい。人生の交響曲をじっくりとお聴きしたく存じます。アンコール曲は好きな何曲でも演奏できるから最高ですよ!(G)
ブログ開設&ハートフルポートのオープンおめでとうございます🌠五味さんが初めて本を自主出版された時もハートフルポートというタイトルでしたね。五味さんとまだ幼い子供たちを連れて友の会に参加していた頃のことなど懐かしく思い出されます。あの頃からの五味さんの熱い情熱がこのような夢の実現をなされたのでしょうね。本当に素敵です🌟くれぐれも無理をしすぎないようにね。体を大切に。微力ながら応援しています💝
  • 飯塚雅美
  • 2014/07/10 02:21
飯塚さん
ありがとうございます!この場所を開こうと思った原点は、あの当時みんなで集まってご飯食べたり、おしゃべりしたり学び合ったりしたことにあるのかもしれません。ご近所の人同士が声を掛け合える場所になれるといいなあと思っています。是非一度お寄りください!





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM