先日横浜ケーブルテレビの取材を受けました。
4月11日(月)〜13日(水)放送されるそうです。
地域情報便「じもっと」というコーナーで、子連れで行けるカフェということで、紹介されるとか。
(はい、うちには、絵本もたくさんあるし、フローリングの床には、赤ちゃんが寝転んでも大丈夫ですから!)

取材を受けた日は、ベビーマッサージのイベントの日。
ご近所のママ同士、いろんな情報交換もできて、喜んでいらっしゃいました。

YCVを観られる環境にある方、是非ご覧くださ〜い!
放送時間:17:00、20:00、22:30
火、水は、上記の時間に加え、6:00、10:00、12:30もあるそうです。

http://www.catv-yokohama.ne.jp/ycv_channel/jimotto.php



いつもは椅子席の大テーブルも、実は座卓にもなるのです!
 

LOCAL GOOD YOKOHAMA というサイトで紹介していただきました。

http://yokohama.localgood.jp/news/5899/?utm_content=bufferea877&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業がが参加するきっかけをつくっていく情報サイトです。

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボhttp://yokohamalab.jp/about/aboutus/が運営し、横浜市を中心とした各地域を舞台に面白く、楽しいまちづくりを実践型で研究し、市民の公共の利益の増進に寄与することを目指しているそうです。

このようなサイトでご紹介いただき、とても光栄に思います。
今後も地域に根差したカフェとして、活動を進めていきたいと思います。
 


■お恥ずかしながら… 
1月8日の神奈川新聞に、ハートフル・ポートの記事を掲載していただきました。

今、あちこちで空き家や空き部屋を利用した、住み開きカフェを始められる方も増えていて、
そういうこともあって、この場所が紹介されたのだと思います。
ひとつの「家」という場所に集まる人たちの輪が、「地域」という場所に広がり、
いろんなところで人のつながりができるといいな、と思います。

家庭のぬくもりを感じられるような「おうちカフェ」として、
今後も皆さんにとっての憩いの「港」となれるよう、この場所を大切にしていきたいと思います。


■1月27日(水)18:15〜 開催の
「つながりのまちづくりフォーラム2016」
 〜小さな交流からはじまるあったかいまち〜


に実践報告として、発表させていただくことになりました。
まさに、「家」という場所からはじまる小さな交流――。
開設の経緯、素敵な出会い、住み開きカフェの魅力、これからの活動などについて
お話させていただけたらと思います。ほかのグループの実践報告もとても興味深いです。
お時間のある方は、是非!

主催:横浜市市民活動支援センター
   横浜市(市民局・健康福祉局・都市整備局)

お問い合わせ:横浜市市民活動支援センター
       045−223−2666
  https://opencity.jp/yokohama/
  


■ホームページのメニューバーに、月間スケジュールが一覧でご覧いただけるようになりました。
 営業日、イベント等のスケジュールなどがカレンダー式にご覧いただけます。
 是非、ご利用ください。

http://heartful-port.jp/schedule.html

■店内入口すぐ右に「地域の掲示板」を設置しました。
 不用品などを「売りたい/買いたい」、「こういうことできます!」「教えてください!」…等、
 みなさんの情報交換の場としてご利用ください。
 詳しくは、スタッフまで。
 


ありがたいことに、
■animato(横浜市市民生活支援センター発行)2015春号に、ハートフル・ポートを紹介していただきました。
https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=1739



何より嬉しかったのは、今回の特集が「プライベートをパブリックい開く時代」という内容で、その中の1ページを使って紹介いただいたこと。このハートフル・ポートを開設するにあたって、参考にさせてもらった世田谷トラストまちづくりの「地域共生のいえ」も紹介されています。「あなたの自宅をまちに開いて地域に役立てませんか?」との呼びかけに呼応して生まれた場所が、世田谷には17か所あり、何箇所かお邪魔して直接オーナーさんにお話を伺いました。それぞれオーナーさんの想いが込められていて、とても素敵な空間ばかりでした。
http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/ie_system/index.html

個人の家を開放した新たな地域の居場所として、今後このような場所はもっと増えるのではないかと思っています。家族構成の変化などで生まれる空き家や自宅の空きスペースを有効に使って、自分の可能な範囲で地域に役立つ何かを始める…新しい場所を作るのでも探すのでもなく、既存の空間を利用した気軽にご近所の人が集える場所――昔は当たり前に庭先や縁側などでやっていたこと――を作ることは、家賃もかからず、想いさえあれば気軽にできることです。実際、私もスタートは自宅のリフォームの延長でした!

プライベート空間をシェアすることで、人と人とがつながる関係を作り出すことができます。閉ざされた空間のままだったら何も生まれなかったところ、空間を開いたことでたくさんの出会いが生まれ、新しい関係が築かれた上に豊かな時間をシェアすることができ、たくさんの感動も生まれます。そしてこの新しい出会いから生まれる関係が地域社会を豊かにしていくのだと思います。
これからの時代、こういった形のライフスタイルは、新しい生き方として見直されていくような気がしています。

この「animato」は、横浜市の各区役所の広報相談係のほか、各区の市民活動支援センター、図書館、区社協、地区センター、ケアプラザ、子育て支援拠点といったところに置いてあるそうです。


■さわやかマイタウン(朝日新聞ASA三ツ境北部発行地域密着情報サイト)
に取材をしていただき、こちらにも詳しくご紹介いただきました。ありがとうございます。
http://sawa-info.net/?p=7614


■他、昨年7月にはタウンニュース(横浜市旭区版)にも掲載いただきました。
http://www.townnews.co.jp/0105/2014/07/10/243462.html


こういったメディアにご紹介いただくということは、本当にありがたいことですが、それだけ責任が伴ってくると思います。
だからと言って、気負うことなく、これまで通り、そしてこれまで以上にこの場所にいらっしゃる方々との時間を大切に、豊かな時間をシェアできたらうれしく思います。(G)

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM