ご覧になった方も多くいらっしゃると思いますが、

6月1日発行の『相鉄瓦版 244号』にハートフル・ポートを紹介していただきました。

 

 

http://www.sotetsu-group.co.jp/kawaraban/default.htm

 

デジタル版(14ページから24ページまで)

http://www.sotetsu-group.co.jp/kawaraban/book/244/index_f.html#1

 

PDF版

http://www.sotetsu.co.jp/appli/pdf/244.pdf

 

相鉄線沿線の駅の改札のところに置いてあります。

まだご覧になっていない方は是非お手に取っていただけたらと思います。

(…といっても、6月いっぱいです…あ、もうすぐなくなりますね!)

 

「瓦版見てきました〜!」といって、来てくださる方もたくさんいらして、

遠くから電車に乗ってお越しいただく方も…本当に嬉しいです。

(相鉄線の利用に貢献していることになりますね!)

 

なんと11ページも紙面を使っていただいています!

それを読んで、是非来てみたくなって…と言ってくださる方や、

自分の家にも空き部屋があるんだけど…とご自身のことをお話になる方との

おしゃべりにもまた花が咲いてしまいます。

 

空き部屋となった空間を使って、

自分にとって居心地のいい場所づくりから始まり、

いろんな人達が集まる場所となり、

お食事ができて、おしゃべりができて、楽しいイベントも開催されるようになり、

そして、みなと食堂のように、みんなで晩ご飯を食べる日もできたりして…。

 

そのすべての企画は、もちろん店主自身も思いもありますが、

こんなことできたらいいな!といった夢をここにいらっしゃるお客様同士で

語ることから始まって、実現していったものもたくさんあります。

 

何か日常生活の中で、

ちょっとしたワクワク感だったり、

ドキドキ感だったり、

新鮮な発見だったり、

新しい自分を見つけることができるきっかけだったり…。

 

そんなちょっとした心の動きが、行動へとつながり、何かの形になっていく。

この部屋を残してくれた義母に感謝ですね。

場が生きるか死ぬか…それはそこに集まる人たちによって

変化していくのかもしれませんね。

 

『相鉄瓦版』を通して、また新たな出会いもあって、

とてもうれしく思います。

瓦版を手に取ってお越しくださった皆さまありがとうございます。

 

 駅からの道が少しわかりずらいかと思います。

 南口から相鉄ローゼンの前の道をまっすぐ10分ほど歩いて、

 ファミリーマートを左に曲がってすぐ左手です。

 皆様のお越しを一同心よりお待ちしています!

 

 

それから、

あとひとつ、取材を受けました。

 

『そうてつstyle』

そうてつStyle

https://sotetsu.net/facility/9080/report/12776/

 

こちらは、Web上でしか見られませんが、取材に来られた方の母親目線で書かれた文章が

とても温かくて、港=母といった私達スタッフ一同の想いをくみ取ってくださって

とてもうれしかったです。

 

「ここは落ち着くわね〜」とよく言われるのですが、

もしかしたら、それは、ここに書かれているように、

「『母親業』のキャリアが創り出す、自然体で落ち着けるカフェ」だからなのかもしれません。

 

「ハートフル・ポート――『港』は、スタッフも含めて『母』というキャリアが最大限に生かされた、誰もが自然でいられる場所でした。」

 

との〆のお言葉、母親業というキャリアは、自信を持って社会に貢献できる能力だとということでしょうか。

嬉しいですね! ありがとうございました。

 

 

 

3周年記念バイキング&ミュージックウィークを無事終えることができました。

この一週間、多くの方にお越しいただきました。

ご来店いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

まずは、オープン当初から変わらない5人のスタッフとともに、

3年間続けられたことを、心から感謝申し上げます。

オープ当時は3年続けることが目標でした。

一日一日を大切に、いらっしゃったお客様お一人お一人を大切に、

玄関でお見送りをするときに、「あ〜来てよかった」と思っていただけるように…

ということを日々大切にしてきました。

この3年間に出会った方々のお顔が思い浮かびます。

 

3周年の記念のイベントを開催するにあたり、

どういった形がハートフル・ポートらしい感謝のイベントとなるか…

といったことを話し合っているときに、

「1週間のバイキングができないかな…」

とこぼしたシェフ杉野のつぶやきが今回のイベント開催のきっかけでした。

 

化学調味料は一切使わない、食材の素材の味を生かした彼女の料理を

たくさんの人に食べてもらいたい…、

いつものランチだけではなく、おふくろのお昼ご飯だけではなく、

いろんな種類のものを少しずつ食べてもらいたい…。

そんな想いを形にするのに、バイキングというスタイルはとてもいい、

彼女には、思う存分作ってもらおうと思いました。

 

だったら、これまでかかわりのあるミュージシャンの方たちに演奏していただけたら!

 

ということで、この一週間は、

ちょっと無謀にも、日替わりの生演奏と、ランチバイキング・ケーキバイキングを

楽しめる欲張りなイベントにしました。

 

しかし、果たして毎日足りるだけの料理を作れるのだろうか、

お客さんは来てくれるのだろうか…と、とても不安でした。

 

しかし、実際に蓋を開けたら、連日、ランチタイムは満席!

ティータイムも火曜・木曜は満員御礼!

 

声をかけて誘い合わせて来ていただいたり、
お友達に紹介していただいたりして、

 

  4日間で、187名!

 

もお越しいただきました。

本当に本当にありがとうございます。

 

狭いところに、申し訳ないと思いながらも、肩寄せあって、相席あり…

でも、それが知らない人同士が自然と声をかけあったり…

とてもアットホームな感じになって、良かったという声もたくさんいただき、

うれしく思いました。

 

毎日仕込みに追われ、でも、それも美味しい!と言っていただけると、

励みになって、また楽しく作り…。

その繰り返しで、1週間があっという間でした。

スタッフのみんなも本当によく頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

 

今回の3周年のイベント中には嬉しいこともたくさんありました。

 

ふさぎ込みがちなお母様を元気づけたいと娘さんからお申し込みがあり、

たまたまその日がお母様の85歳のお誕生日とのことだったので、

ギターとフルートを伴奏に加え、参加者みんなでハッピーバースデーの大合唱のプレゼント!

お母様は感激のあまり涙を流され、その場にいた皆さんも何とも幸せな気持ちに包まれました。

 

はじめて聴くいろんなジャンルの生演奏に感激された方たち…。

満席のためテラス席でのランチとなった親子2人組。緑に囲まれたその場所を

逆に気に入っていただいて、子ども達も大喜びだったり…。

知らない人同士が、同じ席で隣同士となったことで新しいつながりができて、

次のつながりに発展したり…。

常連の方が率先して受付などのお手伝いをしてくださったり…。

 

演奏者も、参加者も、スタッフも、それぞれがそれぞれの立場で楽しめた

一週間だったように思います。

お越しいただいた皆さま、演奏してくださった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

 

4周年に向けて、また新たな一年を大切にしていきたいと思います。
 

これからは、この街への感謝の気持ちも込めて、

この街に住めて良かったと思えるような街づくりのお役に立てるような

こともできたらうれしく思います。

 

こういったことがしたい、こういったことができるといったご意見等ありましたら、

どうぞお気軽にご相談ください。

楽しいことを通して、人と人とがつながっていけるようなことも

一緒にやっていきたいと思います。

 

 

今後、ハートフル・ポートに何か役目があるとしたら…、

自分たちが大切にしていきたいことの原点を忘れず、

何を求められているのかを考えながら、

ここにいらっしゃる方たちが、家に帰ってきたようなホッとできる場所として、

他人であっても、家族のような温かな関係を作れる場所として、

自分の夢が叶う一歩を踏み出せる場所として、

今後も皆さんのお役に立てるよう、無理なく活動を持続させていきたいと思います。

 

目標だった3年を経過し、一つの区切りとして、また新たな4年目をスタートしたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

6月5日(月)ジャズ 

  新田三樹(ヴォーカル)、立花保子(ピアノ・ヴォーカル)

 

 

6月6日(火) アイリッシュ・ミュージック

 柏木幸雄(ギター・フィドル) 須貝知世(アイリッシュフルート・ティンホイッスル・コンサーティーナ)

 

 

6月8日(木) ギター&歌&フルート

 伊原空弥(ギター)、山岡愛子(ギタロン)、長野冨喜子(歌)、伊藤妙美・五味真紀(フルート)

 

 

6月9日(金) ボサノバ弾き語り 

  岩崎けいこ(ヴォーカル・ピアノ)

 

 

 

 

お土産としてお渡しした「ハートフル・ポート」クッキー

Mさんに、毎日40〜50枚焼いていただきました。

材料には、カルピスバターを使った贅沢なクッキーです!

お疲れ様でした!

 

 

 

5月19日(金) 第10回みなと食堂。




今回は1ヶ月前に掘りたての筍をたくさんいただいたので、すぐに茹でて、1ヶ月毎日水を入れ替えて、お世話した筍をたっぷり使ったメニュー。


今回も前日に畑に行って収穫したばかりの無農薬の野菜を使ってます。



45本の春巻きを、巻いてくれた高校生たち。1番に来て、力仕事や、料理の下ごしらえを手伝ってくれて、大助かり。
春巻きを巻ける男子なんて、そういないよー!自慢しな。と、おばちゃん達は大絶賛。



小さい子もお兄ちゃん達を見て、真似してお手伝い



人生の大先輩から子育ての極意を聞くママ達。



みんなの力で出来上がった、本日のお料理。
はじめは野菜が食べられなくて、残す子も多かったのですが、この日はほとんど残す子もいなくて、ピーマンだって、残さず食べてました!
スイカの差し入れは、熊本から!

5月生まれのスタッフのお祝いをみんなで、カンパーイ。スタッフの皆様、お疲れ様でした。



次回は、6月16日(金)です。

先週はいろいろとイベントもあり、カフェは賑やかでした。

5月18日(木) ギターはじめて講座〜フォーク編〜の発表会。

フォークギター、はじめての方もたくさんいる中、4回講座の最終日、
スタンドバイミー、風に吹かれて、なごり雪〜、皆さん、ギターを構える姿もかっこよく、演奏もバシッと決まりました!






ボーカルとして参加してくださった、希望ヶ丘の歌姫こと、Nさんの澄んだ声がまた素晴らしい!


次回のはじめて講座は、ウクレレ編です。
6月15日(木)スタート。
ウクレレはじめての方も、ギターより簡単なので、すぐに弾けちゃいます。これから夏に向かって、ウクレレ弾けるとかっこいいですよ〜(^^)
まだまだ、申し込み受付中です!
やってみようかな〜と思われたあなた、是非この楽しさを味わってみませんか?
年齢問わず。受講予定の80代の方もとても楽しみにしておられます

発表会の後は、そのまま打ち上げ会場に。飲んで、食べて、弾いて、歌って...大いに盛り上がりました(*^^*)

 

おかげさまで、6月8日、ハートフル・ポートは無事3周年を迎えることになりました。

 

3年続くかな…続けばいいね…と不安を抱きながらオープンした日のことが

つい先日のようでもあり、随分昔のようでもあります。

この3年という月日を改めて噛みしめるとともに、

皆さまに支えられてこの日を迎えられること、心より感謝申し上げます。

 

3歳というと、まだまだよちよち歩き。

よちよち歩けるようになるまで、たくさんの方に育てていただきました。

たくさんの素敵な出会い、懐かしい出会い、新しい出会い、嬉しい出会いがありました。

 

これからも、皆さまにとって”心温まる港”であり続けられるよう、

頑張りたいと思います。今後tもどうぞよろしくお願いいたします。

 

3年間の感謝を込めて、3周年感謝バイキングを開催します。

これまでお出ししてきたお料理と、素敵な音楽を日替わりで楽しんでいただけたら幸いです。

演奏を快く引き受けてくださったハートフル・ポート馴染みのミュージシャンの

皆さまに心より感謝申し上げます。

演奏は、13時と、15時に各30分ほどの予定です。

(ミュージックチャージはありませんが、演奏後、よかった〜♪と思われたら、

その”お気持ち”をお願いできたらと思います)

 

お料理・ドリンクはバイキング形式です。(アルコール類は通常の2割引きでご提供)

できるだけ多くの方にお席をご用意したいと思っておりますが、

お席に限りがあるため、ランチタイム・ティータイムのご予約をいただけると助かります。

 

多くの皆さまとお会いできるのを楽しみにしております♪

 

 ハートフル・ポート

  ☎ 045−777−8159

  ✉ cafe@heartful-port.jp

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM