本日、台風9号上陸のため、臨時休業いたします。

なお、本日開催予定のイベントは、以下のとおりとなります。

よろしくお願いいたします。

 

8月22日(月)

10時〜 「コンサート・リーディング」は、8月25日(木)10時〜に延期になりました。

 絵本と音楽のコラボによる素敵な世界をどうぞお楽しみに。

 

14時半〜「歌唱健康法」は中止となりました。次回は9月5日(月)14時半〜です。

 次回の曲は、竹内まりやの『人生の扉』です。

 呼吸法、ストレッチなどで筋トレ?をした後楽しく歌って栄養補給!

 歌は、脳を刺激し、生活習慣病や認知症も予防できるといわれています。

 是非ご一緒に健康な体を創っていきませんか?

 

 

皆さま、気を付けてお過ごしください。

長いお休みをいただきました。

お休みの間、ちょっと日本を離れて、少し遠くまで足を延ばしてきました。


メキシコの首都メキシコシティから車で5時間くらいのところにある小さなまち、

グアナファト。
まち全体がユネスコの世界文化遺産になっているというとても素敵なまち。

 


そのまちに、まだ20代の日本人の若者たちが作った「エンカウンター」という
素敵なバー&ホステルがあります。
そこは、その名の通り、人と人の縁をつなぐ場所。

 

   


ここに立ち寄る旅人たちは旅の疲れを癒し、元気をもらってまた旅に出る。
新しい人と人とが出会い、そしてまた再会する場所でもあります。


まるで、どこかの港のような気がして、嬉しくなりました。
そこにしばらく泊めてもらって、私も元気をいただいてきました。


そこで出会った若者たちはみんな前向きで、たくましく、素敵な青年ばかり。
バックパッカーとして世界を旅している人もいれば、
ここで起業して働いている人、
駐在員もいれば、学生として勉強している人もいます。
それぞれが日本を離れて、みんな異国の地で頑張っていました。


おばさんも仲間に入れてもらって、

彼らの経験したいろんな話を聞かせてもらって、
話を聞いてもらって…。


最近の若い者は、内向きで…などといわれることも多いですが、
日本を飛び出してゼロから自分たちのコミュニティを
作っていこうとしている若者に接し、大いに刺激を受けました。


「場」があることで、世界中から人が集まり、そこから何かが始まる。
そこから旅立つ者もいれば、そこに戻ってくる者もいる。
港がここにもあることを嬉しく思いました。

 

 

 


明日(18日)から通常営業になります。


長い間お休みをして、申し訳ありませんでした。


メキシコの風を少し皆様にもおすそ分けできるよう、素敵なメキシコの雑貨も
置いてあります。どうぞご覧ください。

また皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。


8月の予定は…


8月19日(金)10時〜ベビーマッサージ

8月22日(月)10時〜コンサートリーディング
      14時半〜歌唱健康法

8月26日(金)16時〜第1回「みなと食堂」

 *みんなで食卓を囲んで夕ご飯を食べる日です!
  こども100円、大人300円
  メニュー:夏野菜のごろごろカレー+α
  夏のお野菜を自分たちでトッピングします!


どなたでもご参加できます。ご予約のうえ、お越しください。
ハートフル・ポート:045−777−8159

        ✉:cafe@heartful-port.jp 

    

9月からも楽しい企画もまたご一緒に考えていきながら、

皆さんにとって癒しの港となれるよう、頑張っていきたいと思います。

(9月以降の予定は、ホームページの【スケジュール】をご覧ください)

 

まだまだ暑い日が続きますが、皆さまのお越しを心よりお待ちしています!

 

 こども食堂というのが社会現象ともいえるようになって、全国的ブームになっている。経済的に困窮している子ども達にとっては救いの場となると思う。ただ、なんかこの現象にやや違和感を感じるのは私だけではないのではないか。

 

 貧困家庭の子ども達を集めて食事をさせるところ…という場所になってしまったら、本当にそういう子どもは逆に行きたくても、行きづらいと思う。

 

 そもそも、この「こども食堂」というネーミングをされた世田谷区の気まぐれ八百屋だんだんの近藤さんによると、「こども食堂は、こどもの食堂ではない」らしい。「こども」に貧困家庭という限定もない。あくまでも「こどもが一人でも安心して来られる無料または定額の食堂」であって、「子どもが一人ぼっちで食事しなければならない孤食を防ぎ、さまざまな人たちの多様な価値観に触れながら『だんらん』を提供すること」なのだそうだ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20160724-00060184/ 

 

 こういう場こそ、子どもにとって必要だ。いや子どもだけに限らず、おとなにとっても。

 

「みなと食堂」を始めたいと思ったきっかけは、まさにそういう場を作りたかったから。子どもの貧困云々の前に、ただ純粋にみんなでご飯を食べる機会を作りたかったから。

 

 現在ハートフル・ポートは昼間だけの営業だが、ご近所の方たちも大勢来てくださるようになり、地域の人たちにとっての居場所となっていることはとてもうれしく思う。こういう居場所が欲しかったのといわれるととても嬉しいし、そういう方たちに使っていただけるのもとても嬉しい。

 

 食べるという行為が人を幸せにするということを、この2年間カフェをしてみてつくづくと実感している。美味しいものがあるところには人が集まり、人が集まると、楽しいことをやろうということになり、喜びの連鎖が生まれ、人と人とがつながっていく。

 

 この間いろんな失敗もし、いろんな人にご迷惑をおかけしてしまったこともたくさんあった。そのたびに深く反省をしながら、それでもやはり、この場所に人が集まって、楽しくおしゃべりをしながらご飯を食べている人たちの姿を見ると、そういう経験ができない人達にも、この食べるという行為を通して、人と触れ合う喜びや楽しさを味わってもらいたいと心から思うようになった。

 

 だから、子ども達にも来てほしい。子ども達にもみんなで食卓を囲むって楽しいことを経験してほしい。

 

 お弁当の配食サービスはあっても一緒に食べる人がいないひとり暮らしの高齢者も、赤ちゃんと2人だけでご飯を食べている子育て中のママも、仕事でお母さんやお父さんが帰りが遅い子ども達も、そのママやパパも、みんなでご飯を食べられたら…。地域で孤立化しがちな人たちが気軽に立ち寄れって食べられる"おうちの"夕ご飯。

 

 いろんな世代の人たちが一緒にご飯を食べて、一緒に遊んだり、遊んでもらったり。勉強を教えてもらったり、教えてあげたり。叱ったり、叱られたり。

 

「みなと食堂」を開催するにあたって、一緒にやりたいと名乗りあげてくれた仲間たちも、子ども達は自立して、ひとりで夕食を食べることも多かったり、昔は地域の繋がりがあったけど、今はそれもなくなってちょっと寂しい想いをしている人も多い。そういう人達も含めて、この食堂に関わる全ての人が、ともに食事を作って食べるということを通して、大家族的な関わりができたら…。地域の中で孤立しがちな人たちの受け皿として、何の縛りもない、誰もが集える場所になれたら…。

 

「食べる」ということが、それを可能にしてくれるような気がする。

 

 

8月26日(金)

 みんなと食べる「みなと食堂」、オープンします! 
あまり、気張らず、楽しくみんなでご飯を食べられたらうれしい。
この日のメニューを考案してくれたのはTさん。テーブルに並べた夏野菜を子ども達が自分で選んでカレーの上にのっけて食べる夏野菜のゴロゴロカレーのバイキング!その夏野菜は近くの畑で野菜を作っているMさんとSさんが採れたてを提供してくださるとのこと。ありがたい!

 

「夏野菜って何か知ってる?」
 いつもは野菜嫌いの子も、他のお友達がカレーにお野菜をのっけていると、食べられちゃうかも!そんな時は思いっきり褒めてあげよう!
そんなやり取りをしながら、子ども達に「食」への関心を持ってもらいたい。お膳の準備を手伝ってもらったり、自分でご飯だって作れちゃう!という経験もさせてあげられたらいいね、と話している。

 

 ここに関わるスタッフは皆地域のお母さんであり、おばあちゃんたち。年齢もまちまち。自分の子どもや孫以外の子ども達にも温かく接してくれるような温かい方ばかり。

 

 

 どうぞ、どなたでもいらして下さい。ただし、いらした方はお客様としてではなく、家族の一員として参加していただきます。赤ちゃんだって、みんなを幸せにする働きがあります。高齢者だって子ども達にいろんなことをお話してもらったり、昔遊びを教えてもらったり大切なお役があります。子ども達もお手伝いしてもらいます。学生さんも小さい子たちと遊んだり、勉強を教えてもらったりしてもらいます。それぞれにそれぞれの役割があると思うのです
 それぞれに与えられたその役を是非楽しんでもらいたい。そして、ここが皆さんにとっての居場所となれば嬉しく思います。

 

8月26日、お会いできるのを楽しみにしています。
最初は用意の関係上、できるだけご予約をお願いしています。お手数ですが、不在中も転送先にメッセージを残していただけるとありがたいです。


第1回みなと食堂
8月26日(金)16:00〜19:30

「いただきます」は、18:00ごろからです。
参加費:こども100円
    大 人300円

申込み:045−777−8159


    毎月1回金曜日の夕方、開催予定

  (8/26, 9/23, 10/21, 11/25, 12/16)              

      

      第1回みなと食堂

メニューは、夏野菜ごろごろカレー(デザート付!)

 

 

 

夏休みを以下のとおりいただきます。

長いお休みをいただき、申し訳ありません。

 

 8月1日(月)〜8月17日(水)

 *8月18日〜通常営業いたします。

  皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

 

 *7月29日(金)は、15時までの営業となります。

 

(8月の予定)

 ★8月19日(金)10時〜  ベビーマッサージ

 ★8月22日(月)14時半〜 歌唱健康法

 ★8月23日(火)10時半〜 ボサノバミニコンサート&歌声サロン♪ 歌Café

 ★8月26日(金)16時〜  みなと食堂

 

これから夏本番。皆様もどうぞご自愛のうえ、素敵な夏をお過ごしくださいませ♪

 

 

 

七夕のこの日、ハートフル・ポートはたくさんの素敵な出会いとやさしさに包まれた一日となりました。

オープンして2年、これまでお世話になった方々とこの日初めて来てくださった方々が集まり、ハートフル・ポート2歳のお誕生日を祝ってくださいました。

 

キッチン担当のスタッフを中心に準備したバイキング料理。朝からの準備には常連のお客様もお手伝いに駆けつけてくださって、本当にありがたいな〜と思いました。

 

       

 

一通りお腹にお料理が入った後、この2年間の思い出の詰まった「ハートフル・ポート2年間の軌跡」の映像を見ていただき、参加されたおひとりお一人から温かいお言葉をいただきました。

このハートフル・ポートに集まってくださる方たちは皆さんとても素敵な方ばかりです。

そんな方同士が知り合う機会にもなればと、今回はバイキングスタイルで、自由にお好きなお料理と飲み物を召し上がっていただきながら、おしゃべりも楽しんでいただけたのではないかと思います。

 

 

人と人とが繋がるということは、心と心が繋がるということ。
同じ地域に住む人たち同士の新たな出会いがあり、同じ思いを持っている人同士が繋がり合うことで、新しい何かが生まれます。

 

オープン以来この2年間に来てくださった方6509名!

そんなに宣伝もしているわけでもなく、平日10時〜5時までの営業で、これだけの方が来てくださったことは、本当に私達もびっくりで、感謝の気持ちでいっぱいです。


ある場所に人が集まるのは、いろんな要素があって、いろんな目的をもって、その場に赴くわけですが、もしここがその要素を満たし、来る人の目的をも満たしているとしたら、とても嬉しことです。0歳から90歳代の方までの誰もが自分にとって居心地のいい場所だと思ってもらえるよう、これからもこの場の持つ力を大切にしていきたいと思います。

 

最近はいろんな素敵な企画を持ち込んでくださる方も多くなりました。この地域でちょっとした文化的なイベントを開催できることは、企画される方にとっても、参加される方にとっても、双方にとっても嬉しいことだと思います。もちろん私達にとっても!

日々の日常の中に、何かちょっとワクワクすることやときめくことがあることで、マンネリとした日常の生活も大切にしたいと思えます。そういった特別な時間と空間がここで生み出されているとしたら、とても嬉しいことです。

 

   

また、最近では、自分もこういった居場所を作りたいといった方もよくお見えになるようになりました。

何かをやりたいと思っていた方が、ここに来て何かを感じ、自分もやってみようと思ってくださるようです。やりたい夢が叶い、いろんなところでこういった場所ができていくといいなと思います。

私達スタッフの中で、ここは「妄想Café」と呼ぶことがあります。こんなことできたらいいね、あんなこともできるかも…と妄想しているうちに、それが実現してしまうこともあるから、本当に不思議です。ここで出会ったことがご縁で何かを始められることになった方もたくさんいらっしゃって、そういう方の夢の応援をできることも、私達にとって喜びの一つとなりました。

この日も、はじめていらした女性おふたりが、自分たちもこういった場所を作りたいと楽しそうに夢を語ってくださいました。

 

妄想から暴走に走ってしまう店主を、上手にコントロールしてくれる頼りになるスタッフがいて、その妄想を一緒にどうしたら実現できるか一緒に考えてくれるスタッフがいる――まさに、これこそこのハートフル・ポートの大きな財産だと思っています。

 

 

 

3年目に入り、ますます楽しい新企画も考えながら、疲れた時にはホッとできる場所、新しいことにも挑戦してみようと思える場所、そしてみんなが生き生きとなれる場所、人と人とがつながっていける場所、想いと想いもつながっていける場所…そんな皆さんにとっての心温まる「港」として、あり続けたいと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝バイキングでは、2月にこのご近所に引っ越して来られた伊原氏による、クラシックギターも演奏もあり、その演奏の素晴らしさに参加された方は皆さんうっとりと聴き惚れていらっしゃいました。8月にはドイツでのコンクールに出場されるという腕前。ハートフル・ポートで7月28日(木)にはその伊原さんによるクラシックギターの演奏会も開催してくださいます。あと若干の空きがあります。お申し込みはどうぞお早めに。

 

 

  

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM