昨日(8月26日)第1回、みんなと食べる「みなと食堂」が賑やかに開催されました。

参加者は3歳から80歳まで42名!

まさに大家族さながらのにぎやかな晩ご飯となりました。

16時オープンとともに、スタッフが仕込みを始めると、

まず最初の来店者がやってきました。小学校2年生の男の2人です。

100円玉を握りしめて入ってきたふたりは、荷物を置くと早速お手伝いを開始。

ひとりは外で来る人の案内。もう1人は中での案内係。

これは、自分たちの仕事だとばかり、ふたりで役割を分担して大張り切り!

 

その後来てくれたのは3歳の女の子とママ。いつもは2人で静かな生活だけど、

今日はお兄ちゃんたちが一緒に遊んでくれて賑やかなので、大はしゃぎ。

 

久しぶりに会った高校生の男の子たちはとっても大きくなってびっくり!

同じ地域の中だからこそ実感できる子ども達の成長。

昔はあんなにやんちゃだったのに…。

勉強道具を持ってきて、ご飯ができるまではちゃんと宿題をしてエライ!

続々とやって来る人たちを小学生の男の子ふたりが案内してくれる。

「はい、いらっしゃいませ〜」

「こんにちはー。どうぞおはいりください〜」

 

こんなに大人数でご飯を食べるということのない子ども達は

それだけでワクワクした気分になり、ちょっと興奮気味。

 

「は〜い!これから絵本の時間で〜す!聴きたい人ここに集まれ〜」

日頃朗読の活動をしているIさんが絵本を読み始めると、それまで

走り回っていた子ども達もし〜んと聴き入って…。

お一人暮らしの高齢者の方も、お一人暮らしの男性の方も、

いつもは静かな晩ご飯だけど、こんなに賑やかな晩ご飯は久しぶりだととてもうれしそうでした。

 

今日のメニューは夏野菜のごろごろカレー。(メニューボードはOさん作)

いいにおいがしてきて、そろそろご飯の準備ができると、

それぞれカレーを取りに来てもらって、

カウンターに並んだ夏野菜を自分で選んでのっけてもらいます。

今月の調理担当のTさんが野菜をたくさん食べられるように考えてくれたやり方。

 

ピーマン、なす、トマト、キュウリ、ズッキーニ、モロヘイヤ、オクラ、

トウモロコシ、ジャガイモ、おまけのタマゴ…

いつもは食べないような野菜も、みんなと一緒だと食べられちゃう。

お代わりをする子も!大学生のTちゃんも大活躍!

 

 

夏野菜ってこんなに栄養があるんだよ〜、と野菜の栄養についても

Kさんがタグを作ってくれて、それをお野菜のところに立てかけて…

さりげない食育も取り入れて…

 

「家ではまったく食べないんですよ!」

という3歳の女の子のママも、今日はモリモリお代わりまでして食べる

お子さんの様子にびっくり。

 

途中ちょっとおへそが曲がってママに不満をぶつけていた子も、

ママからしばらく離れて、Tさんがそっと寄り添ってあげていると

気持ちも収まって、Tさんと一緒に食べ始めたり…

親子だけでは煮詰まってしまうときも、こうして親以外の人と触れ合うことで

親子ともどもホッとすることもある。

 

第1回目ということで、どうなるかこちらも不安で、

何人来てくれるんだろう…

少なかったら…

多すぎて入らなかったら…

お料理が足りなくなったら…

 

いろいろ心配しながらも、ボランティアスタッフも来てくれた人も
和気あいあいと、みんなとても楽しそうでした。

 

 

美味しい夏野菜を昨日届けてくださったSさん、

畑のお仲間に声をかけて一昨日畑を案内していただき無農薬の野菜を

提供していただいた上に、今朝も採れたてを届けてくださったMさん、

自分たちで作った貴重なスイカを提供いただいた地区センターのOさんとMさん、

本当にありがとうございました。

自然の恵みに感謝して、お野菜ってこんなに美味しいんだね〜!と

参加者の皆さんも大喜びでした。

 

たくさんの方に支えられて、それぞれができることで参加していただき、

第1回みなと食堂は大盛況に終わりました。

みなと食堂スタッフチームの皆さんもお疲れ様でした。

このチームのそれぞれが持つ力も素晴らしいです!

 

次回は、9月23日(金)16時〜19時半 です。

第2回のメニューは、お料理上手なSさんが考えてくださいます。

どうぞお楽しみに!

 

 

 こども食堂というのが社会現象ともいえるようになって、全国的ブームになっている。経済的に困窮している子ども達にとっては救いの場となると思う。ただ、なんかこの現象にやや違和感を感じるのは私だけではないのではないか。

 

 貧困家庭の子ども達を集めて食事をさせるところ…という場所になってしまったら、本当にそういう子どもは逆に行きたくても、行きづらいと思う。

 

 そもそも、この「こども食堂」というネーミングをされた世田谷区の気まぐれ八百屋だんだんの近藤さんによると、「こども食堂は、こどもの食堂ではない」らしい。「こども」に貧困家庭という限定もない。あくまでも「こどもが一人でも安心して来られる無料または定額の食堂」であって、「子どもが一人ぼっちで食事しなければならない孤食を防ぎ、さまざまな人たちの多様な価値観に触れながら『だんらん』を提供すること」なのだそうだ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20160724-00060184/ 

 

 こういう場こそ、子どもにとって必要だ。いや子どもだけに限らず、おとなにとっても。

 

「みなと食堂」を始めたいと思ったきっかけは、まさにそういう場を作りたかったから。子どもの貧困云々の前に、ただ純粋にみんなでご飯を食べる機会を作りたかったから。

 

 現在ハートフル・ポートは昼間だけの営業だが、ご近所の方たちも大勢来てくださるようになり、地域の人たちにとっての居場所となっていることはとてもうれしく思う。こういう居場所が欲しかったのといわれるととても嬉しいし、そういう方たちに使っていただけるのもとても嬉しい。

 

 食べるという行為が人を幸せにするということを、この2年間カフェをしてみてつくづくと実感している。美味しいものがあるところには人が集まり、人が集まると、楽しいことをやろうということになり、喜びの連鎖が生まれ、人と人とがつながっていく。

 

 この間いろんな失敗もし、いろんな人にご迷惑をおかけしてしまったこともたくさんあった。そのたびに深く反省をしながら、それでもやはり、この場所に人が集まって、楽しくおしゃべりをしながらご飯を食べている人たちの姿を見ると、そういう経験ができない人達にも、この食べるという行為を通して、人と触れ合う喜びや楽しさを味わってもらいたいと心から思うようになった。

 

 だから、子ども達にも来てほしい。子ども達にもみんなで食卓を囲むって楽しいことを経験してほしい。

 

 お弁当の配食サービスはあっても一緒に食べる人がいないひとり暮らしの高齢者も、赤ちゃんと2人だけでご飯を食べている子育て中のママも、仕事でお母さんやお父さんが帰りが遅い子ども達も、そのママやパパも、みんなでご飯を食べられたら…。地域で孤立化しがちな人たちが気軽に立ち寄れって食べられる"おうちの"夕ご飯。

 

 いろんな世代の人たちが一緒にご飯を食べて、一緒に遊んだり、遊んでもらったり。勉強を教えてもらったり、教えてあげたり。叱ったり、叱られたり。

 

「みなと食堂」を開催するにあたって、一緒にやりたいと名乗りあげてくれた仲間たちも、子ども達は自立して、ひとりで夕食を食べることも多かったり、昔は地域の繋がりがあったけど、今はそれもなくなってちょっと寂しい想いをしている人も多い。そういう人達も含めて、この食堂に関わる全ての人が、ともに食事を作って食べるということを通して、大家族的な関わりができたら…。地域の中で孤立しがちな人たちの受け皿として、何の縛りもない、誰もが集える場所になれたら…。

 

「食べる」ということが、それを可能にしてくれるような気がする。

 

 

8月26日(金)

 みんなと食べる「みなと食堂」、オープンします! 
あまり、気張らず、楽しくみんなでご飯を食べられたらうれしい。
この日のメニューを考案してくれたのはTさん。テーブルに並べた夏野菜を子ども達が自分で選んでカレーの上にのっけて食べる夏野菜のゴロゴロカレーのバイキング!その夏野菜は近くの畑で野菜を作っているMさんとSさんが採れたてを提供してくださるとのこと。ありがたい!

 

「夏野菜って何か知ってる?」
 いつもは野菜嫌いの子も、他のお友達がカレーにお野菜をのっけていると、食べられちゃうかも!そんな時は思いっきり褒めてあげよう!
そんなやり取りをしながら、子ども達に「食」への関心を持ってもらいたい。お膳の準備を手伝ってもらったり、自分でご飯だって作れちゃう!という経験もさせてあげられたらいいね、と話している。

 

 ここに関わるスタッフは皆地域のお母さんであり、おばあちゃんたち。年齢もまちまち。自分の子どもや孫以外の子ども達にも温かく接してくれるような温かい方ばかり。

 

 

 どうぞ、どなたでもいらして下さい。ただし、いらした方はお客様としてではなく、家族の一員として参加していただきます。赤ちゃんだって、みんなを幸せにする働きがあります。高齢者だって子ども達にいろんなことをお話してもらったり、昔遊びを教えてもらったり大切なお役があります。子ども達もお手伝いしてもらいます。学生さんも小さい子たちと遊んだり、勉強を教えてもらったりしてもらいます。それぞれにそれぞれの役割があると思うのです
 それぞれに与えられたその役を是非楽しんでもらいたい。そして、ここが皆さんにとっての居場所となれば嬉しく思います。

 

8月26日、お会いできるのを楽しみにしています。
最初は用意の関係上、できるだけご予約をお願いしています。お手数ですが、不在中も転送先にメッセージを残していただけるとありがたいです。


第1回みなと食堂
8月26日(金)16:00〜19:30

「いただきます」は、18:00ごろからです。
参加費:こども100円
    大 人300円

申込み:045−777−8159


    毎月1回金曜日の夕方、開催予定

  (8/26, 9/23, 10/21, 11/25, 12/16)              

      

      第1回みなと食堂

メニューは、夏野菜ごろごろカレー(デザート付!)

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM