1周年感謝月間の最後のイベント「ティータイムをライアー(竪琴)とともに♪」を6月30日に終え、6月の1か月間毎週開催してきた音楽イベントもすべて無事終了しました。 

   
           アイリッシュ・ミュージックの
          須貝知世さん  と  柏木幸雄さん
 
     
    コンサーティーナ/アイリッシュ・ブズーキ
   ギター/フィドル/ティン・ホイッスル/アイリッシュ・フルート

    
           ライアー奏者の井上ゆり子さん  


 アイリッシュミュージックの演奏は今回2回目、ライアーは5回目。
いずれも素晴らしい演奏で、しかも、この距離感! 演奏者の息遣いを感じながら、生演奏を聴けるというのは、本当に贅沢な時間でした。


遠くに行かなくても、素敵な音楽を身近に感じてもらいたいという店主のわがままを、演奏者の皆さまが快く受けとめてくださり、毎回違ったジャンルを、たくさんの方に楽しんでいただけたこと、心から嬉しく、感謝申し上げます。ありがとうございました。
4回のプチ演奏会に来て頂いた皆さま、そして演奏していただいた演奏者の皆さま、本当にありがとうございました。



さて、1周年のイベントを終え、1年が過ぎたんだなあ〜、としみじみとしている店主です。
カフェの経営自体ど素人、料理だってそんなに得意というわけではない――そんな私が、カフェをオープンする!と宣言し、自宅の一階部分を開放して1年…


誰もが気軽に集まっておしゃべりしたり、お茶を飲んだり、食事をしたり、音楽を楽しんだり、ちょっとした文化的な活動もできたりして、ここに来る人みんなが幸せな気持ちになれるようなカフェにしたい!という妄想が実現できたことは、この想いに賛同してスタッフとしてともに走って来てくれた友人4人、そしてこの場所を愛し何度も来てくださる常連の皆さまや、はじめてドキドキしながら扉を開けて入って来てくださった皆さま方のおかげです。本当にありがとうございます。
 

日々の経営のこと、メニューのこと、イベントのこと、いろんなことで悩みながらも、本当に1年が経ったんだね…とスタッフのみんなと振り返ると、このお店のいろんなところにいろんな思い出と光景が思い浮かびます。

   
   


昔は気軽に道端で、縁側で、おしゃべりをすることは当たり前だったけれど、それがなかなかできなくなって、1人家に籠りがちになる人も多くなった現在、近くで気軽におしゃべりができて、ご飯も食べられるのは、とても嬉しいわ!とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
日頃はあまり外に出られない高齢の方も、ちょっとお洒落をして、ちゃんとお化粧をして、とても嬉しそうに中に入って来られます。ここでお友達とおしゃべりをしたり、ちょっとワインでも飲んだり…気軽にお友達と交わり、ちょっとした地域の社交の場になっているようです。時には、赤ちゃん連れから高齢者までが自由に集い、皆さん解放されたような気分になって帰られます。
 

この場所を「カフェ」というスタイルで場を開いたのは、正解だったと思っています。
多くの方が地域の中に居場所を求めています。気軽に集える場所――そこでおしゃべりをしたり、お茶をしたり、ご飯を食べたり…。
しかし、個人の家では、「いつでも来てね」と言われても、なかなか自由に出入りができるものではありませんが、カフェという出入り自由な場所にしたことで、誰もが気兼ねなく扉を開いて入ってきてくださいます。「お邪魔しま〜す」と言って。



以前「プライベートをパブリックに開く時代」というテーマで特集された市民活動支援センターの広報誌に、ハートフル・ポートが掲載されましたが、プライベートだったこの家の一部をパブリックに開いたことは本当によかったと思っています。(それについては、また別の機会に詳しく…)
 

最初はこういうことができるといいな!という「私」ひとりだけの想いが、ここのスタッフ5人の想いとなり、そしてここにいらっしゃるお客さまにその想いが伝わり、人と人とのかかわりを大切にしたいという想いを持っている人方同士がさらに人の輪を広げていってくださいます。

つまり、人は、誰かとつながっていたいという願望があり、誰かに受け止めてほしいという想いがあり、居心地のいい場所にそれを求めて集まって来るように思います。



私が尊敬し、目標であり、そしてお手本としている素敵なカフェがあります。西国分寺にある<クルミドコーヒー>です。その店主の影山知明氏のご著書『ゆっくり、いそげ〜カフェからかじまる人を手段化しない経済〜』のあとがきに、このようなことを書いていらっしゃいます。
 

「20世紀初頭のパリのカフェ。そこにはピカソやヘミングウェイが集い、文化が芽吹き、時代を作る拠点となっていた。なぜあの当時のパリのカフェに、あれだけの偉大な人物たちが集まっていたのか――?……「偉大な人物」がカフェに集っていたのではなく、そこにカフェがあったから、そこに集った人々が後に名を知られるような偉大な人物へと育っていったのだ」
 

「ある種の場が人を育て、そこから時代を動かしていくことがある……人が人を受け止め、刺激し合い、切磋琢磨することが人の中に眠る可能性の目を引き出す。カフェがそうした場の一つでありうるのは、そこが自由だからだ」
 

自由にふらっと来て、お客さん同士で話しをしたり、スタッフと話をしたり、そこからまた新たなつながりに発展したり…。
この一年を振り返ってみると、そんな出逢いもたくさんあったし、新しい発見や気づき、感動や学びもたくさんありました。

「カフェ」という場が果たす役割は、これから先の地域社会の中でもとても大きくなっていくのではないかと思います。ただ美味しいものが食べられる場所ということだけではなく、人と人とがつながっていく場所となり、地域の人にとっての居場所となり、「カフェ」から始まる〇〇〇…、「カフェ」が人を育てていく、もっと大げさに言うと、人が集まって社会をも動かしていくような場所――そういうことを担うようになっていくのでは…。もちろん、パリのカフェのようにはいきませんが。

人が人を受け止め、いい意味で刺激し合い、その人の中に眠る可能性を引き出し、何かを始める一歩を踏み出すきっかけが見つかる場所――そういう場でありたいし、そういう人を応援できる場になりたいものです。


1周年記念イベント最終回にライアー奏者の井上さんが、最後に演奏してくださった、平原綾香の『明日』という曲に次のような歌詞があります。
 

 ♪そっと閉じた本に続きがあるなら
  まだ何にも書かれていない ページがあるだけ

  あの星屑 あの輝き
  手を伸ばしていま 心にしまおう
  明日は新しい わたしがはじまる


何も書かれていないページに、これからどんな物語が書き込まれるのか、楽しみに
7月からもお店を開いていきたいと思います。
 

ここから出港する人にとっても、寄港する人にとっても、ほっとできる港であり続けられるよう…。
今後とも「ハートフル・ポート」をどうぞよろしくお願いいたします。



【ソーシャル・ポート・ヨコハマ】メールマガジン Vol.73 に、ハートフル・ポートが掲載されました。
あわせてここにご紹介させていただきます。

http://socialport-y.jp/?p=7461


  次回のイベントのお知らせ:

   ●「食育」7月4日(土)10時半〜13時
   ●「絵本カフェ」7月10日(金)15時〜

      テーマ:夏、夏休み等 お好きな絵本をお持ちください。参加のみでももちろんOK!
       ※絵本にあわせてライアーの生演奏もありますよ〜!

     お申し込みは、ハートフル・ポート
          ☎:045−777-8159
          mail:cafe@heartful-port.jp   


  ※メニューが、夏仕様になりました!
    これも絵の得意なKさんが作ってくださいました!

     

   デザートのメニューも増えました! 皆さまのお越しをお待ちしています。
 


今日もいろんな人たちとの出会いがあり、カフェはとても賑やかでした。


朝10時オープンと同時にひとりでふらりと来てお茶を飲みながら絵本をパラパラと見て帰られた方。はじめてランチを食べにいらしたおばあちゃん2人連れ。いつも家で食べる料理とはちょっと違うのが嬉しそう。よくいらしていたおばあちゃんが久しぶりに来てくださって元気な姿を見てひと安心。子どもの授業参観の前にランチしていかれたママ友たち。就職の面接帰り、ほっと一息つきたいからとちょっと立ち寄ってご飯を食べていかれた方。ティータイムには打ち合わせに来られた方とゆったりと夢を語りあい……。

目的は様々ですが、いろんな人がここには来てくださいます。そして、ここで新たな出会いがあり、そこから何かがはじまることも…

食育のセミナー、「ハートフルな街 希望が丘を散歩」といったイベントも企画してくださることになりました。
ちょっと真面目な話をざっくばらんに、呑みながらしゃべらん会!という試みも企だてられています。
自分の持っている何かを人のために役立てたい! この街を元気にしたい! ただ楽しいだけじゃなく知らないことを知り一緒に考える場が欲しいと企画してくださる人たちがいることがとてもうれしく、心強く思います。

『場』は、『人』が作っていくもの。でも『場』があるから、『人』は集まってくる――。
それを実感する毎日です。

「CAFE」=「Community Access For Everyone」。
「カフェ」とは、みんなが集まるコミュニティの場、という意味もあるのだとか。

そんな街のカフェとして、たくさんの人が集い、何か新しいこと、楽しいこと、まじめなこと…を考えて動いていくきっかけをつくる場所になれるといいな、と思います。そして、
ちょっと疲れている人、悩みや苦しみを抱えた人、なかなか一歩を踏み出せない人…そんな人たちも、疲れた体を休め、悩みや苦しみに少しでも光を見出し、一歩を踏み出す勇気が持てるようそっと背中を押してあげられるような場所になりたいものです。

「希望の丘」にある「ハートフルな港」のカフェ。これからもたくさんの船が寄港してもらえるのをお待ちしています。
 

しばらくお休みをいただきました。

明後日の新春のオープンを前にスタッフミーティング。

新しいケーキの試作をNさんが作ってきてくれ、試食しながら新作のメニューなどについて皆で検討しました。


 
 

ここでお出ししているスープの出汁は「ベジブロス」をベースとしています。最近ネットやテレビでも話題となっているこのベジブロス――野菜の皮や根っこなど本来は捨ててしまうような野菜くずこそ、栄養の宝庫なのです。老化や病気を防いでくれるファイトケミカルやミネラルがたくさん含まれていて、免疫力アップ、美肌効果などもあると言われています。化学的な調味料は一切使っていないので、野菜などの素材が持っている自然な味を味わうことができます。

 

この野菜のくずたちに実は素晴らしい栄養素があったと知ってからは、野菜の切れっ端などもとても愛おしく感じられ、どんな食べ物も無駄にしてはいけないと思うようになりました。

大なべでそのくずたちを時間をかけてコトコト煮ます。じわ〜っと栄養素がその汁の中に滲み出ていきます。そうやって出来上がっただし汁は、野菜本来の味が混じり合い、やさしい味に仕上がります。食材に無駄にするところはないと教えられました。

 

そんな「食」に対する深い想いを持ったKさんが、このハートフル・ポートの料理を支えてくれています。そして、ケーキ作りの妥協をしないNさん、人と人とのつながりをとても大切にしてくれるMさん、そして人が見ていないところでコツコツと動いてくれるMoさん。ここで働くスタッフは皆それぞれ持っているものが異なります。

 

まさにただのくず野菜だったら何の役割もなく捨てられていたものが、こんなに栄養価の高いスープを作ってくれるように、私達もひとりひとりの力は大したことはなくても、みんながそれぞれの役割を発揮していくことで、最高の味にしていこう――そんなことを確認し合ったミーティングとなりました。

 

時にはちょっとした香辛料も加えながら味に変化をつけて、ワクワクドキドキな時間も作っていきたいと思います。皆さんとご一緒にここだけの栄養満点のベジブロススープを作っていけたら最高です!いろんなご意見をお待ちしています。

 

また皆様にお会いできるのをスタッフ一同、楽しみにしております。

 

 

〈お知らせ…〉

食材の仕入れ値の上昇が続いており、悩んだ挙句、お値段を少し上げさせていただく苦渋の判断をいたしました。

手間をかけ、美味しい料理をお出しできるよう、料理の質の向上も目指したいと思っています。ここを末永く運営していくため、どうぞご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

店主 五味真紀


新春のお花を母の友人に生けてもらいました。(写真はまだ制作途中)
入口で皆様をお出迎えいたします。

明けましておめでとうございます。
皆さま新しい年をお元気にお迎えのこととお喜び申し上げます。
昨年は大変お世話になりまして、ありがとうございます。

昨年6月にオープンして以来、1839人もの方にお越しいただきました。平日週4日昼間だけの営業といういたってわがままな営業ですが、「こんなカフェが近所にあるといいな〜」と思ってオープンした場所に、「こんな場所が欲しかったのよ〜」と言ってくださる方たちが今ここを訪れてくださっています。本当にありがたいことです。

二世帯住宅の一階部分が空き家となって3年目、いわゆる「住み開き」という形を取って、その空いたスペースを利用して開いた「おうちカフェ」。主を失ってしーんとしていた1階の部屋が、今ではたくさんの人達が訪れてくれるようになってとても賑やかになりました。

「カフェ」という形をとったのは、年代を問わず気軽に誰でも立ち寄ってもらうには一番いいと思ったから。誰かとおしゃべりをしたり、ご近所同士ご飯を食べたりお茶を飲みながらおしゃべりをしたり…。あるいはここで新しく顔見知りになって友達の輪が広がったり…。
この半年で、地域の中のひとつの居場所として皆さんに受け入れていただいていること、とても嬉しく思います。

「お邪魔しまーす」と言って中に入ってきてくださる方たち。
知り合いの家をちょっと訪問するような感じ。
お店であって、お店ではない感じ。

最近は地域のつながりが希薄になったなんてことをよく耳にしますが、本当は誰もが人と人とのつながりを少なからず求めているのではないかと思います。マンションの一室で日々赤ちゃんとだけ過ごしている人も、自宅で介護をしている人も、ひとり暮らしの高齢者や高齢のご夫婦も、ちょっと家を抜け出して、外の空気に触れ、人と接するなにかきっかけがあったら、きっとそこから何かの新しいつながりが生まれ、新しい自分に出会うこともできるはず…。
気軽に立ち寄ってもらうには、家でもなく、お店でもないようなこの程よい距離感がいいのかもしれません。

この地に縁あって住むようになり、これからもここで生きていこうと決めてからは、子どもたちにとってもここが故郷だと心から言えるように、この地域の人と人とを繋げていくことに関心が向くようになりました。
「街づくり」というと堅苦しくなりますが、この街に住む私達の意識がちょっと変わって、一人一人が誰かのことを想い、気にしてあげる人の輪が広がっていけば、この街全体が温かい心で繋がっていくんだろうなと思います。
多世代の人達が自由に集い、飲んで、食べて、語って、笑って、歌って――そんな「港」のような憩いの場ができたら……。
そんな妄想を描いて始めた「住み開き」です。
平凡な日常生活の中で、非日常のちょっとした時間を持つことができたら、生活に潤いができます。ワクワク、ドキドキする何かを一緒に楽しんでいけたら最高…。

こんな店主の想いを受け止めて一緒に働いてくれる仲間たち、そしてそんなわがままな店主のよき理解者としてサポートしてくれる店主の亭主と家族に感謝して、今年も頑張りたいと思います!

去年はライアーやジャズといった音楽イベントも開催しました。今年もさらに新たな楽しいイベントも開催していこうと思っています。どうぞお楽しみに!


新年にあたり、ついだらだらと書いてしまいました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって、今年もいい年でありますように…。

1月13日(火)よりオープンいたします。
またお目にかかれるのを楽しみにしています。


P.S.(1) 1月27日に「住み開きセミナー」を当ハートフル・ポートで開催することになりました。
関心のある方は是非どうぞ!
http://ima-dw.com/seminar.html

P.S.(2) 最近あまりに楽しそうにしている妻を見て、自分も何かこのカフェに関わりたいと思ったのか、亭主が「店主の亭主の戯言」などというブログを書き始めました。お暇な方はどうぞ覗いてみてやってください。(当サイト右にリンクを貼ってあります)

 

月曜からハートフルポートも2週間の夏休みをいただいています。
オープン以来2か月間、正直言って目の前のことをこなすことで精いっぱいでした。
ここで少し立ち止まって、初心に返り、いろんなことを考えてみたいと思います。


      
2か月経って見えてきたこと、わかったこと――
この場所が求められていることは?
この場所が果たせる役割とは?
みんなにとって居心地のいい場所とは?

…とか。

でも間違いなく言えることは――、「やってよかった!」てこと。

それは、多分ここに来てくれるお客さんにとっても、
ここで働くスタッフみんなにとっても、
家族にとっても、そして何よりも私自身にとっても…。

カフェをオープンして以来、毎日誰かしらがここを訪れてくれて、
いろんな人に会うことができます。
近くの人も、わざわざ遠くから訪ねてきてくれる人も…!





この2か月でここを訪れてくれた方の数、なんと、682名!
この中にはリピーターの方もたくさんいらっしゃいますが、
口コミで聞きましたと初めて来てくださる方もいらっしゃいます。

本当にありがたいことです!!!

今日はどんな出会いがあるのだろう…どんなメニューが喜ばれるんだろう…などと
考えたりするのはとてもエキサイティングなことです。
普通の主婦をしていたら、こんな刺激的なことはなかったでしょう。

普通の主婦が…でも、この普通の主婦目線こそ、とても大事だと思っています。
どんなおしゃれなカフェでも、そこで交わすちょっとした会話で来てくれたお客様の
印象は大きく変わります。
「こんにちは〜」
「毎日、暑いですね〜」
といったさりげない日常のあいさつ。

自分がこの場所に受け入れられているといった感覚は、
まさにお母さんが子どもを受け入れている感覚と近いように思います。
ここのスタッフはみんな子育て経験者(それもベテランの!)ばかり。
お子さんから年配の方まで自分のうちに来たような感覚でゆっくりしていただいているのは、
この主婦目線を大事にしているからではないかと、私は思っています。



カフェの中で私達の好きな場所は、キッチンから見る眺めです。
窓の外で風に揺れる緑を背景に、お母さんが読んであげる絵本を
女の子が嬉しそうに眺めている光景だったり、
老夫婦が向かい合って静かに珈琲とケーキを召し上がっている光景だったり…。

そんなまるで絵に描いたような光景を見ていると、
私達もとてもほっこりとした気分に満ち溢れてしまうのです。



ここには、いろんな方がいろんなものを持ってきてくださいます。
自家製のお菓子やスモークチーズ、自家菜園のハーブやお花、
そして、手作りのお醤油さし等…。
たくさんの人がこの場所を大事にしてくださっていること、本当に嬉しく思います。

その中でも、Mさんは、畑を借りていろんな野菜を作っていらして、
時々完全無農薬の新鮮なお野菜をたくさん持ってきてくださいます。
この日は、ラディッシュをたくさんいただきました。早速その日のサラダに!




たくさんの人に支えられて2か月が過ぎたこと、改めて感謝するとともに、
これからはその支えてもらった人たちに少しずつ恩返ししていけるように
頑張りたいと思います。
まだまだ不慣れなことも多く、ご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、
皆にとってここがみんなの居場所となってくれるよう、
みんなで一緒に育てていただけると嬉しく思います。

***********

今日、スタッフ5名でこれまでことを振り返るとともに、今後のことを考える
ミーティングをしました。
スタッフ一人一人の能力を発揮し、私たち自身がここで働くことに生きがいを感じ、
自信と誇りをもてるような職場にすることが、ひいては、
お客様にとっても居心地のいい場所づくりにつながるのだと思っています。

料理の魔術師&ちょっと涙もろいKさん、
チャレンジ精神が旺盛で、細かなことにも気配りのできるNさん、
これまで自分を支えてくれた人への感謝をここで恩返ししたいといういつも明るいMさん、
そして堅実でとても控えめな、お花と手仕事が得意なMoさん、
ひとりひとり個性が豊かで、みんなとても思いやりにあふれた本当にいいスタッフです。
私を含め、この5人、心を込めて、ここに集う人誰もが幸せな気分になれる居場所となるよう
頑張っていきたいと思います。

お休みの後は、秋の新メニューも考えていきたいと思っています。
どうぞお楽しみに!

8月25日(月)〜通常営業いたします。

    


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM