新緑が美しい季節となりましたね。
明日からはいよいよ5月!GWのご予定はいかがでしょうか?

5月1日(金)〜5月6日(水)お休みさせていただきます。
5月7日(木)〜通常営業いたします。
皆さまのお越しをお待ちしています。
Have a wonderful holiday!



お店の前のお花がきれいに咲いています。
お散歩の途中などにどうぞお立ち寄りください。







 

4月27日(月)16:00〜
小学校3年生の小春ちゃん(バイオリン)と快蓮くん(ピアノ)による
素敵なティータイムコンサートに、会場に入りきれずに立ち見を含む
40名以上のお客さんで大賑わいでした。


国際ジュニア音楽コンクールで1位受賞の天才バイオリニスト小春ちゃんと、
4年前から習い始めたとはとても思えない大人顔負けの実力派ピアニストの快蓮くん。
地元在住のふたりの小さな音楽家デュオに、会場は小さい子どもたちから
年配のおじいちゃんおばあちゃんまでが拍手喝采!


演奏は、ベートーベン、ドボルザーク、モーツァルト…などクラシックの名曲ばかり…
2人で合わせたのは4回だけとは思えないぐらい息もぴったり。



快蓮君のMCもバッチリ!
落ち着いた二人の演奏に、これからの活躍が大いに期待されますね!
小春ちゃん、快蓮君、どうもありがとうございました♪



本日のケーキは、苺たっぷりのベリーソースにシフォンとブラウニーのセット
 

4月25日(土)14:00〜15:30
全盲のシンガーソングライターの大和田広美さんによるコンサート、満員御礼の大盛況でした!

歌の持つ力、言葉の持つ力、音楽の持つ力――その力すべてを体で感じることができたとても素晴らしいコンサートでした。
彼女の紡ぎだす言葉には、愛と慈しみとやさしさが詰まっている気がします。

心の目を通して語られる温かなメッセージーー彼女の澄んだ歌声を通してそっと私達に寄り添って語ってくれているようでした。

1歳9か月で失明し、その後も親元を離れて自分の力で生きてきて、今も一人暮らしをしながら、音楽活動を続けていらっしゃいます。とても前向きで、ユーモアがあり、人を引きつける魅力のあるとても素晴らしい女性でした。

そんな彼女の曲を少しご紹介させていただきます。

 

〜  Everlasting Joy 〜


当たり前の毎日と思っていた
傷ついた心には気づかなかった
寂しさやむなしさも笑いながら
 こんな私なんだとあきらめてた

渇いた心に
孤独ないのちに
確かな光が届いた

Everlasting Joy
あなたに出会ってから
決して渇くことのない泉をもらった
Everlasting Joy
いつでも一人じゃない
毎日生きられることが
 こんなに嬉しい

迷い出た私をも捜し出して
一つのいのちとして見つめてくれた

 たくさんの後悔
ゆるせなかった日々も
揺るがぬ喜びで包んで

Everlasting Joy
だれも奪い取れない
 この心にわいた
喜びの泉
Everlasting Joy
あなたに出会えたから
Ever, Everlasting Joy
いのちが嬉しい

 いろんなことあるけど大丈夫
 永遠の愛がここにあるから

Everlasting Joy
あなたに出会ってから
決して渇くことのない泉をもらった
Everlasting Joy
いつでも一人じゃない
毎日生きられることが
 こんなに嬉しい





★大変だった就職活動の時に作られた曲…


〜 I Love Me〜


自分の長所を400字で書け
「そんなにいいとこないよ」とつぶやく
倍率高くて、太刀打ちできない
私が選ばれる理由なんか見つからない・・・

「こんなんじゃだめ」とまたつぶやいて
弱いとき、情けないとき
 だけど、それも私

"I Love Me"
この言葉を素直に自分に告げられるなら
涙も笑顔も前向きに変わり、誰かを愛せるの

生まれてきたこと、君に会えたこと
 どんなに素敵なことかと思うよ
計算できない毎日の中で
 ぼくらはどこを目指して歩いてるんだろう

人はみな、心に傷を負って
永遠に変わらない愛を探している

"I Love Me"
この言葉を素直に自分に告げられるなら
出会った人たちを 心の底から大切にできるの

「神様、愛されたい!変わらない心で
神様、愛したい!変わらない心で」

"I Love Me"
この言葉を素直に自分に告げられるなら
涙も笑顔も前向きに変わり 誰かを愛せるの
 こんな自分を愛せるの
 


「オアシス」という自作の曲で演奏会は幕が開きました。まさにこのハートフル・ポートが「オアシス」のように感じると言ってくださったこと、お世辞でもとてもうれしかったです。
ここで出会った人たちすべてを 心の底から大切にできるよう、これからもこの場所が活かされる活動をしていきたいと、改めて思いました。

大和田広美さん、本当にありがとうございました。
今回の演奏会を企画していただいた、本郷台教会の皆さま、本当にありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。

機会があれば、また演奏していただけると嬉しいです!

大和田広美さんの公式HP
http://www.hiromioowada.net/main.html

 

春といえば…筍!
希望が丘の近くにお住いの竹林をお持ちのIさん宅へ伺って、
筍の収穫を楽しませていただきました。



竹林、そしてすぐ前には小川が流れ…
こんな近くでこんな豊かな自然があるなんて…

筍堀は、結構重労働…



堀りたての筍をその場で調理して、いただきました。

筍と鶏肉のつくね、若竹煮、筍ご飯、筍のサラダ
どれもとっても美味しかったです!


来週のランチには、筍づくしのお料理をお出ししたいと思います。
さて、店主と店主の亭主が汗を流して掘ってきた筍が
どんなメニューになりますか…どうぞお楽しみに!
 


ありがたいことに、
■animato(横浜市市民生活支援センター発行)2015春号に、ハートフル・ポートを紹介していただきました。
https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=1739



何より嬉しかったのは、今回の特集が「プライベートをパブリックい開く時代」という内容で、その中の1ページを使って紹介いただいたこと。このハートフル・ポートを開設するにあたって、参考にさせてもらった世田谷トラストまちづくりの「地域共生のいえ」も紹介されています。「あなたの自宅をまちに開いて地域に役立てませんか?」との呼びかけに呼応して生まれた場所が、世田谷には17か所あり、何箇所かお邪魔して直接オーナーさんにお話を伺いました。それぞれオーナーさんの想いが込められていて、とても素敵な空間ばかりでした。
http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/ie_system/index.html

個人の家を開放した新たな地域の居場所として、今後このような場所はもっと増えるのではないかと思っています。家族構成の変化などで生まれる空き家や自宅の空きスペースを有効に使って、自分の可能な範囲で地域に役立つ何かを始める…新しい場所を作るのでも探すのでもなく、既存の空間を利用した気軽にご近所の人が集える場所――昔は当たり前に庭先や縁側などでやっていたこと――を作ることは、家賃もかからず、想いさえあれば気軽にできることです。実際、私もスタートは自宅のリフォームの延長でした!

プライベート空間をシェアすることで、人と人とがつながる関係を作り出すことができます。閉ざされた空間のままだったら何も生まれなかったところ、空間を開いたことでたくさんの出会いが生まれ、新しい関係が築かれた上に豊かな時間をシェアすることができ、たくさんの感動も生まれます。そしてこの新しい出会いから生まれる関係が地域社会を豊かにしていくのだと思います。
これからの時代、こういった形のライフスタイルは、新しい生き方として見直されていくような気がしています。

この「animato」は、横浜市の各区役所の広報相談係のほか、各区の市民活動支援センター、図書館、区社協、地区センター、ケアプラザ、子育て支援拠点といったところに置いてあるそうです。


■さわやかマイタウン(朝日新聞ASA三ツ境北部発行地域密着情報サイト)
に取材をしていただき、こちらにも詳しくご紹介いただきました。ありがとうございます。
http://sawa-info.net/?p=7614


■他、昨年7月にはタウンニュース(横浜市旭区版)にも掲載いただきました。
http://www.townnews.co.jp/0105/2014/07/10/243462.html


こういったメディアにご紹介いただくということは、本当にありがたいことですが、それだけ責任が伴ってくると思います。
だからと言って、気負うことなく、これまで通り、そしてこれまで以上にこの場所にいらっしゃる方々との時間を大切に、豊かな時間をシェアできたらうれしく思います。(G)

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM