昨年8月にスタートしたみなと食堂も、今月1周年を迎えました。

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでみんなで食べる夕ご飯。

 

カフェ閉店後、毎月一回夕方開く食堂――

こども100円、大人300円。

その運営は、ボランティアの人達、野菜を無料で提供してくださるMさん他、

多くの方に支えられています。

 

1年間(12回)で食堂に来てくれた人達は、466名。

一回平均38名の人が来てくれたことになります。

 

1年経過して、はじめはお客様的だったママたちも、

何かお手伝いをしますと言ってくれるようになり、

こちらから、「これ、やってくれると助かる〜」と

声をかけると、快く手伝ってくれます。

 

子ども達も何かお手伝いしたい子も多く、

「これやってくれる人〜?」というと率先してやってくれます。

 

テーブルを並べたり、マットを敷いたり、

お野菜を切ったり、ご飯をよそったり、お茶を配ったり…

みんなで作る晩ご飯。

 

「食べさせてもらったんだから、お茶碗くらい洗わせてよ」

と皿洗いをしてくれるシニアの男性。

掃除機をかけてくれるひとり暮らしの男性。

拭き掃除をしてくれるパパ。

 

自分の子も、他の子も、一緒に遊んでくれるママ。

悪いことをしたら、他の子のことも、しっかり注意をしてくれるママ。

子育ての悩みを話すママと、それを聞いてアドバイスするベテランママ。

食事作りのアドバイス、お料理のコツなどを話してくれるスタッフ。

恋の悩みを相談する独身男性…

食事が終わって、高校生のお兄ちゃんたちと遊ぶ小学生。

ここではじめて出会った子ども同士も、一緒に遊んだり…。

 

「いつもは、子どもと2人だけの静かな食卓だけど、

ここはとても賑やかでいい」と言ってくれるママ。

 

核家族が増えて、静かな食卓が増えている中、

家族を超えた賑やかな大家族的食卓がここにはあります。

 

 

1周年記念のメニューは、やっぱり、前日に収穫した

無農薬の夏野菜のバイキング式のカレー!

1年前は、あまり野菜を食べられなかった子も、随分食べられるように

なっているのにびっくりしました。

 

 

 

1年経過して感じるのは、この食堂が果たす役割が当初私達が

考えていたこととは少し変わってきているかもしれないな、ということ。

いわゆる「子ども食堂」が全国で増えてきている中で、

いろんな理由でご飯をしっかり食べられない子どもに栄養のあるご飯を

食べさせてあげたい・・・という想いから少し離れてきているかもしれません。

 

しかし、そういう子ども達にとっても、

この場所が家族的関わりのできる場所として、存在しているということは、

とても大事なことだと思っています。

今は来られなくても、行ってみたいな、と思ったとき、

ここはいつでも待ってるよ、といった場所であり続けたいと思います。

 

ここには、

赤ちゃん、子ども、お兄ちゃん、お姉ちゃん、

お母さん、お父さん、おじさん、おばさん、

おばあちゃん、おじいちゃん…がいて、

 

まさに、地域の中の家族。

まだまだその関係を信頼関係に持っていくのは難しいかもしれないが、

同じ釜の飯を食べる関係であることは、間違いありません。

 

自分の家にいるときには感じないこともあるし、

他の子ども達と接することで学ぶこともある。

他のお母さんから学ぶこともあるし、

ベテランお母さん、おばあちゃんから学ぶことはもっと大きい。

子どもも、親以外・先生以外の大人と接する大切な機会。

 

いろんな人との交わりの中から、子どもも大人も学び、考え、

身に付くことがたくさんある。

 

1年経過して、

スタッフだけが頑張るのではなく、ここに参加する人みんなで

このみなと食堂は大切にしていきたいし、実際そうなってきているように思います。

 

この活動にご理解いただいている皆さま、どうもありがとうございます。

2年目、「家族を超えた家族」的関わりのできる場として、

大切にしていきたいと思います。

今後とも、賛同していただける皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

 

会の終わりには、何時ものように、今月のお誕生日の人を

みんなで歌ってお祝いします。

今月は、みなと食堂も1歳のお誕生日を皆で祝ってもらいました!

 

今回のギターの伴奏は、Tさん!

ママ、かっこよかったよ!

       

 

  

 

       

 

夏休みも終わり、今日からカフェも営業スタートします。

長いお休みをいただき、申し訳ありませんでした。

 

お休み中、熊本の実家を使って出張Cafeをしてきました(笑)

昨年、熊本地震で被災された方たち自らが、被災された方や高齢者の方が気楽に集まれる「オープンハウスのおしゃべり会」を立ち上げて10か月。私もその立ち上げからのお手伝いをしてきたのですが、今回、ハートフル・ポートでも何度も演奏会をしてくださっているライアー奏者の井上ゆり子さんのご協力を得て、素敵なコンサートを開催することになったのです。大盛況でした! 詳しくはまた改めて…

 

 

さて、こちらの営業も本日より再開です。

早速今日からお客様のご予約もいただき、イベントもいろいろと開催されます。

(本日15時〜消しゴムハンコを作るワークショップもあります。まだお席に余裕はあります!)

 

どうぞお気軽に、おしゃべりに、ランチに、お茶にいらして下さい。

お待ちしています!

 

 

そして、なんと!お休み中に、外国のメディアにハートフル・ポートを紹介いただきました!(英語です!)

外国メディア初です。ついに、ハートフル・ポートも港から船出しました!

この記事に恥じないよう、これからもこれまで同様、ここにいらっしゃるひとり一人、ひとつひとつの活動を大切にしていきたいと思います。

 

ドイツ通信社DPA

http://www.dpa-international.com/topic/autumn-lives-japanese-women-start-businesses-170811-99-600729

(写真は大きく出ていますが、記事は最後の方 "Maki Gomi, who launched a cafe..." からです)

 

米紙クリスチャン・サイエンス・モニター

https://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2017/0811/Retirement-No-thanks.-In-graying-Japan-these-women-are-just-getting-started

(写真は違いますが、途中の"Helping neighbors connect" から)

 

いずれも、日本の女性の起業や地域づくりについての内容となっています。

特に、子育てが終わった女性こそ社会の眠れる宝庫であるという、先日のロクマルサミットでの薄井シンシアさんのお話と通じるものがあり、私もとても共感するところです。どうせ専業主婦だから…ではなく、専業主婦でずっと頑張ってきた女性だからこそ、社会の財産として、自信を持ってもっともっと社会での活躍の場を広げていってほしいと思います。

 

他にも活躍されている女性のことも記事になっています。

でも、まだまだ日本における女性の社会での活躍はまだまだ遅れているようですね。

男性と同じように働くのではなく、女性ならではのいろんな才能が活かされた社会活動ができる環境がもっともっと増えていくといいなと思います。女性だからこそ気が付く細かな配慮、母親的関わり…ビジネスには必要ないと排除されてきた部分かもしれませんが、世知辛い世の中になってきている今だからこそ、女性の役割はとても大きいと思います。日本の未来は女性にかかっている?? 言いすぎでしょうか。

 

 

※ドイツ通信社DPA

http://www.dpa.de/

http://www.dpa-international.com/

本社: ドイツ・ベルリン

ドイツ語、英語、スペイン語、アラビア語等により、各国の通信社、新聞社、テレビ局等にニュースを配信

 

※クリスチャン・サイエンス・モニター紙 The Christian Science Monitor

http://www.csmonitor.com/

本社:米国マサチューセッツ州ボストン市

主な読者層:ホワイトハウス、米国政府省庁、各国大使館、各研究機関、研究者・大学教授、国際NGOなど

 

 

 

帰省先の熊本(阿蘇)で買ってきました…

 

両手を農作業中に切断した大野勝彦さんの作品(阿蘇在住)

たくさんの辛い想いをしながらも、家族への想い、自然への想い…、

阿蘇の大自然の中で描かれた絵には、たくさんの生きる勇気をもらえます。

(風の丘阿蘇 大野勝彦美術館 http://kazenooka-museum.jp/)

 

 

他、カフェにもたくさん置いてありますので、どうぞご覧ください。

 

  南阿蘇から見た阿蘇の山並みの風景

 

故郷に帰ったら、また元気をもらいました。

今日からまた頑張ります!

 

梅雨も明け、本格的な夏がやってきました!

 

今日も、カフェは午前中「うたカフェ♪」があり、とても賑やかでした。

この会を毎回楽しみにしていらっしゃる方たち、今日始めていらした方たち…

暑さも吹っ飛ばして、

岩崎けいこさんの夏にぴったりのボサノバの曲を聴き、

参加者皆さんで体を動かし、歌を歌って、みんなでランチ&おしゃべり!

 

暑くても、こうして家から出て来て、歌を聴いて歌って

みんなでご飯を食べて、おしゃべりをする…。

家にじっとしているのではなく、人と会っておしゃべりしながら食事をすることは

特に、年齢を重ねてくると、とても大事なことだなあ〜とつくづく思います。

皆さん、とても楽しそうでした(*^^*)

 

 

 

8月もたくさんの楽しい/ためになる/元気になるイベントが盛りだくさん!

どうぞ振るってご参加ください。

暑いときこそ、夏バテなんかに負けないよう、体を動かして、

脳にたくさんの刺激を与えましょう!

 

 

8月1日(火)15:00〜16:30 (※残りわずか)

  相続セミナー

  参加費:無料(ケーキセット付き)

   相続とは親から子への想いを残すこと。

   日頃なかなか聞けない相続の話が聞けます。

 

8月4日(金)10:00〜11:20

  プレチャイルドマッサージ

  参加費:2000円

   1歳以上のお子様対象

 

8月7日(月)15:00〜16:00

  歌唱健康法

  参加費:500円+ドリンク代

   〜初心者向けボイストレーニング編腹式呼吸で歌って健康に!

 

8月21日(月)15:00〜

  消しゴムハンコ作りワークショップ

  参加費:大人1000円/小学生以上のお子様800円(ワンドリンク付き)

   大人も楽しめる、世界にひとつだけのハンコ、作りませんか?

 

8月22日(火)10:30〜11:30

  ボサノバ&歌声サロン♪歌Café
  参加費:1000円+ドリンク又はランチ代

 

8月24日(木)10:00〜11:20

  コンサート・リーディング

  〜大人のための絵本の読み伝え〜
   音楽と絵本のコラボ!
  参加費:500円+ワンドリンクまたはランチ代

 

8月24日(木)15:00〜16:00

  はじめて講座 ウクレレ編

  〜 ウクレレ初心者向け… 4回コース
  参加費:2000円

 

8月25日(金)16:00〜19:00

  みなと食堂

  赤ちゃんから高齢者までみんなでご飯を食べます!

  参加費:大人300円/子ども100円

 

8月29日(火)15:00〜16:30 ※8月1日と同じ内容です。

  相続セミナー

  参加費:無料(ケーキセット付き)

   相続とは親から子への想いを残すこと。

   日頃なかなか聞けない相続の話が聞けます。

 

New!

9月4日(月)10:00〜11:20

  親勉体験会  

  参加費:3000円(ペア割・SNS割あり)

   生活の中で子どもの能力が引き出せます!  

 

New!

9月5日(火)10:00〜11:00 (毎月第1火曜開催)

  親子でリズム遊び

  参加費:700円

  対 象:0歳未就園児

 

New!

9月6日(水)14:00〜15:30

  認知症カフェ「みなとの茶店(ちゃみせ)」オープンします!

 

 

いずれのイベントもお申し込み、お問い合わせは…

 ハートフル・ポート

 045−777−8159 

 mail: cafe@heartful-port.jp   まで。

 

 

 

 ★ハートフル・ポート夏期休業のお知らせ★

   8月9日(水)〜 8月20日(日)

 

 長いお休みをいただき、申し訳ありません(去年より短いです…(笑)

 しっかり休養を取って、また休み明けから皆さんにとっての憩いの港を

 開港したいと思います。

 皆さんもどうぞ素敵な夏をお過ごしください♪

  

 

7月に店主が登壇予定のふたつのイベントのご案内です。

 

ロクマルサミット★スペシャル

  〜ロクマル起業スクール〜

 

  7月8日(土)11:00〜12:30

  会場:フォーラム

    (男女共同参画センター横浜)

     戸塚駅から徒歩5分

  主催:NPO法人ロクマル

 

  http://rokumaru60.info/

 

専業主婦からANAインターコンチネンタルホテルの副支配人になられた

薄井シンシアさんのお話も必見です。

他にも、ロクマル求人フェア、ロクマルマーケットなどもあるようです。

 

 

【ロクマルの目指すものとは…】HPより

自分の力を生かし柔軟に働く60代をロクマル、その前の段階の50代をプレロクマルとネーミングしています。

子どもが巣立ち、家計のためにアクセク働くことからもやっと解放される、人生最高の時期でもあります。自分の新たな活かし方、可能性を発見し、これまで、やりたくてもできなかった「働き・仕事」に挑戦しようではありませんか。
ロクマルのテーマは、「人に喜んでもらえる仕事、役に立つ仕事、これまでのキャリアを活かせる働き…。 60歳からは、仕事を通して、心豊かな人生を送ろう」です。

 

 

まさに、「プレロクマルガール」として、素敵なロクマル世代を目指して頑張っていきたいと思います。

起業スクールでは、実際に中小企業診断士の方のアドバイスもいただけるようです。

起業はしたものの…やはり持続可能な活動をしていくのは大変です。企業のポイントなどのアドバイスもいただけるそうで、いろいろと勉強させていただきたいと思っています。

 

 

 

△ながわコミュニティカレッジ

〜わたしのまちの居場所をつくる〜

 空き家を活かそう!

 まちの交流拠点をデザインする

 

 7月22日(土)13:00〜

 会場:かながわコミュニティカレッジ講義室(神奈川県民センター11階)

 

 ※こちらは8回の連続講座ですが、まだ募集をしているようです。

 詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100303/p1130009.html

 

 

 

いろんなところでお話をさせていただく機会をいただけたこと、大変光栄に思うと同時に、この場で活動できることは多くの方たちの協力あってのことと感謝し、さらに多くの方たちがハッピーになれるような活動に発展していけるよう、無理せず、楽しみながらこの場所を大切にしていきたいと思います。

 

自分自身もこれからシニア世代に入っていくわけで、また空き家を活用した活動がいろんなところで今後確実に広がっていくことを思うと、これを機に、今後の活動についても考えるきっかけとさせていただけると嬉しく思います。

 

 

 

今日の記事とは関係ないですが、今日お庭の木をさっぱりと切ってもらいました。

1月に独立されたばかりの若いお兄さんでしたが、とても感じよくて、

丁寧に一本一本の木の特性を説明をしてくださって、お仕事もとても丁寧でした。

お客様とのコミュニケーションを大事にする姿勢は見習いたいものだと関心しました。

 

 

ご覧になった方も多くいらっしゃると思いますが、

6月1日発行の『相鉄瓦版 244号』にハートフル・ポートを紹介していただきました。

 

 

http://www.sotetsu-group.co.jp/kawaraban/default.htm

 

デジタル版(14ページから24ページまで)

http://www.sotetsu-group.co.jp/kawaraban/book/244/index_f.html#1

 

PDF版

http://www.sotetsu.co.jp/appli/pdf/244.pdf

 

相鉄線沿線の駅の改札のところに置いてあります。

まだご覧になっていない方は是非お手に取っていただけたらと思います。

(…といっても、6月いっぱいです…あ、もうすぐなくなりますね!)

 

「瓦版見てきました〜!」といって、来てくださる方もたくさんいらして、

遠くから電車に乗ってお越しいただく方も…本当に嬉しいです。

(相鉄線の利用に貢献していることになりますね!)

 

なんと11ページも紙面を使っていただいています!

それを読んで、是非来てみたくなって…と言ってくださる方や、

自分の家にも空き部屋があるんだけど…とご自身のことをお話になる方との

おしゃべりにもまた花が咲いてしまいます。

 

空き部屋となった空間を使って、

自分にとって居心地のいい場所づくりから始まり、

いろんな人達が集まる場所となり、

お食事ができて、おしゃべりができて、楽しいイベントも開催されるようになり、

そして、みなと食堂のように、みんなで晩ご飯を食べる日もできたりして…。

 

そのすべての企画は、もちろん店主自身も思いもありますが、

こんなことできたらいいな!といった夢をここにいらっしゃるお客様同士で

語ることから始まって、実現していったものもたくさんあります。

 

何か日常生活の中で、

ちょっとしたワクワク感だったり、

ドキドキ感だったり、

新鮮な発見だったり、

新しい自分を見つけることができるきっかけだったり…。

 

そんなちょっとした心の動きが、行動へとつながり、何かの形になっていく。

この部屋を残してくれた義母に感謝ですね。

場が生きるか死ぬか…それはそこに集まる人たちによって

変化していくのかもしれませんね。

 

『相鉄瓦版』を通して、また新たな出会いもあって、

とてもうれしく思います。

瓦版を手に取ってお越しくださった皆さまありがとうございます。

 

 駅からの道が少しわかりずらいかと思います。

 南口から相鉄ローゼンの前の道をまっすぐ10分ほど歩いて、

 ファミリーマートを左に曲がってすぐ左手です。

 皆様のお越しを一同心よりお待ちしています!

 

 

それから、

あとひとつ、取材を受けました。

 

『そうてつstyle』

そうてつStyle

https://sotetsu.net/facility/9080/report/12776/

 

こちらは、Web上でしか見られませんが、取材に来られた方の母親目線で書かれた文章が

とても温かくて、港=母といった私達スタッフ一同の想いをくみ取ってくださって

とてもうれしかったです。

 

「ここは落ち着くわね〜」とよく言われるのですが、

もしかしたら、それは、ここに書かれているように、

「『母親業』のキャリアが創り出す、自然体で落ち着けるカフェ」だからなのかもしれません。

 

「ハートフル・ポート――『港』は、スタッフも含めて『母』というキャリアが最大限に生かされた、誰もが自然でいられる場所でした。」

 

との〆のお言葉、母親業というキャリアは、自信を持って社会に貢献できる能力だとということでしょうか。

嬉しいですね! ありがとうございました。

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM