休み明けのスタートは、
認知症&予防カフェ〈みなとの茶店〉から。



Nさんがお抹茶を点ててくださったので、



本日のお茶菓子は、黒豆抹茶豆乳プリンとくずもち。



くずもちは出来立てが美味しいので、直前にご用意(^^)


いらしたお客様からお好きなお飲物をお聞きして(やはり今日は殆どがお抹茶をご希望)、お茶とお菓子をいただきながら、しばらくおしゃべりを楽しみます。




これまでみんなで折ってきた鶴で作った『みなとの茶店』の手作り看板の除幕式!
とてもステキな看板ができました!




その後、ケアプラザの方の認知症に関するおもしろミニ講和と回想法についてのお話があり、

音楽ボランティアの〈音楽る〉(おとがくる)の楽しいトークとギターとハーモニカの演奏。参加者も一緒に歌うコーナーもあり、お隣に座っていらした83歳の女性はなかなか歌う機会もないのでとても楽しいと嬉しそうに話してくださいました。




毎回楽しみに参加してくださる方も多く、自然体で和気藹々と和やかな雰囲気。


ちょっと気になるご近所の方などに声をかけて連れてきてくださる方の存在もとても大きく、この会を運営してくれる希望タウンプロジェクトのメンバーひとり一人の力が結集して成り立つ会で、それを皆さんも楽しんでいるのがいいなあーと改めて思いました。

人が集まるカフェに、認知症の方も普通に安心して来て、同じようにお茶しながら楽しくおしゃべりをする。どんどん外に出て人と触れ合うことが大事だし、それが刺激となって症状も抑えられると言われています。
誰もがなりうる病気だからこそ、もっと身近な場所に浸透していって、気軽に行ける場所が増えるといいなと思います。

そして、何よりも、このみなとの茶店が、認知症の介護をしている運営スタッフたちにとっても居心地のいい場所になって来ていることが嬉しいですね。



次回は、2月7日(水)14時〜 (毎月第1水曜)
参加費は、300円(お茶・ケーキ付き)

どなたでもどうぞお気軽にお越しください!



明日からカフェは、通常営業いたします。
今日は午前中にカフェの大掃除&明日からの準備、そしてその後のスタッフ手作りのおぜんざいをいただきながらのミーティング。

年初めにあたり、この場所をこれからも大切にしていこうという想いを共有し、それぞれができることを出し合い、助け合っていこう!と誓いあいました。
おぜんざいの優しい味とみんなのそれぞれを思う優しさに心が温かくなり、幸せなスタートとなりました。

ハートフルポートのスタッフ一同、明日からまた皆様のお越しを心からお待ちしています!



明けましておめでとうございます。
こうして、新たな年をまた迎えられたことを心から感謝申し上げます。

 

 

今年のお正月ははじめて家族と一緒に箱根でのんびりと過ごしてきました。

3日の朝は、旅館の前を走る駅伝の選手たちを間近で応援しました。

その気迫あふれる姿は、テレビを通じて見るものとは全く異なり、鳥肌が立つほどでした。そして、選手だけではなくこのイベントを支えるいろんな人達にも触れることができ、特別な感慨を覚えました。
駅伝とは、ひとり一人の力が最大限に発揮できるような環境があってこそ、チームとして成長し、見る人をも感動させてくれる。

選手ひとり一人がお互いを尊重し、信頼し合い、励まし合い、認め合い、そして感謝する心。

そのたすきに込めた思いを選手ひとり一人が次の選手に託していく。

どんな組織にもいえることなのかもしれませんね。

 


飲食業に関してはど素人のフツーの主婦たちが開店以来3年半何とかやってこられたのも、日々お越しいただく皆様とこの場を支えてださる全ての方がたすきを手渡ししてくださったおかげです。心から感謝申し上げます。

 

「飲食業」に関しては全くの素人――ではありますが、いや素人だからこそ、未だに素朴に感じていることがあります。

 

  皆さま、なぜここに来てくださるのだろう――?

 

プロとしての自覚がないからというわけではないのですが、ここのように、普通の家の玄関の扉を開けて入ってくるのって、とても勇気がいると思うのです。
その勇気を振り絞って、入って来てくださる方に対して感謝の気持ちとともに、未だにちょっと不思議な気持ちさえ抱いてしまうのです。

 

いやいや、でもまあ、カフェなんだから食事やお茶を飲みに来るのは当たり前でしょ!
なんですが…、最近はどうもそれだけじゃないな、という気がするのです。

 

もちろん食事をしたりお茶を飲むという純粋な行為のために来てくださる方はたくさんいらっしゃいますし、そういう方にご満足していただけるようなサービスをしなければ…と日々肝に銘じています。
しかし、ここにいっらしゃる方たちを見ていると、単に胃袋を満たすためだけではない、何か別の目的でいらっしゃる方が増えているようにも思うのです。

 

最近は年齢に関係なく、お一人でいらっしゃる方も多くなりました。

それもリピーターとして。

ふらっと来て、食事をして、たわいもないおしゃべりをして、ゆっくり本を読んだり何かお仕事をされたり、ゆったりとした時間を過ごされます。
混んだランチタイムを外して、ちょっとゆったりとした遅めのランチとその後のティータイム。そこに流れる心地いい時間はこちらにとっても、幸せな時間と空間を共有させていただいている気がします。

 

また大切な伴侶を失いお一人暮らしとなったご高齢の女性たちの集まりの場として、使っていただくことも増えました。
 「こんな場所が近くにあってよかったわね〜」「家にひとりでいてもつまらないんだから、外に出なきゃね!」とお互いに声をかけあって楽しそうにおしゃべりをされるご様子をキッチンの方から伺っていると、とてもほのぼのとした気持ちにさせていただきます。


毎月開催しているイベントに参加するのを楽しみにいらっしゃる方たちも、イベントに参加することももちろん楽しいのでしょうが、ここで出会った方たちと親しくなって、一緒にお食事をしたりおしゃべりすることも生き甲斐となっているようにも伺えます。

 

「飲食」というのは、きっかけであり、入口なんだな、と思う瞬間です。
誰でも来て食事ができるカフェだから、気兼ねなく行ける。
何かのきっかけで知り合いになった人たち同士がここで親しくなって、新しい広がりに発展していく。
はじめはちょっと恥ずかしそうにしていた人も、心を開く何かきっかけができると、その方にとっての居場所となり、その後何度も来てくださるようになる。

 

そういった方たちは、単に胃袋を満たすためだけではなく、関係性を築き、心を満たすためにいらっしゃるのではないだろうかという気がするのです。

 

今の世の中、どこか生き辛さを感じている人達にとっても、
安心してありのままの姿でいられる自分の居場所があれば…。
自分の家に帰って来るように、ほっとできる場所は誰にとっても必要なのかもしれません。


自分にとって一番自分らしい場所でいられる場所――これは、お客様にとってだけではなく、
私達スタッフにとっても同じです。

 

ここに来ると、何か元気になる…。

 

皆さんにそう思ってもらえるよう、今年一年も頑張っていきたいと思います。

 

*****************************

 

■昨年6月には、3周年を迎え、はじめてのランチ&ケーキバイキング&ミュージックウィークを開催しました。
スタッフのひとりがこぼしたことがきっかけで開催となったイベントでしたが、演奏をしてくださったミュージシャンの方たち、お客様にも支えていただいて、本当に楽しい1週間となりました。

 

 

■毎月第3金曜日開催の<みなと食堂>も昨年末で17回目を迎え、毎回赤ちゃんからシニア世代の方までが多世代の交流の場として、またちょっとした食育のコーナーあり、お誕生日の人をみんなでお祝いするコーナーありで、ご飯を食べるということで繋がった素敵な家族的関係が築かれてきている気がします。

穫れたての新鮮な無農薬野菜を提供してくださるMさん、それを料理してくれるボランティアのスタッフの皆さん、参加される皆さんと一緒に作りあげる場として、「食」を通じた新しい形の家族的つながりの場になってきています。
(毎月第3金曜16時〜19時 参加費:子ども:100円、大人300円)

 

 

■昨年9月から第1水曜日に開催されている<みなとの茶店>は、誰もがなり得る認知症について理解し、いくつになっても安心してこの街で暮らせるような街づくりをしようと発足した希望タウンプロジェクトから生まれたメンバーで運営していただいています。

 

回を重ねるごとに参加者も増えてきて、在宅診療を専門にされっている岡田先生も参加してくださるようになって、専門家としてのお話も伺えたり、音楽ボランティアの「音楽くる(おとがくる)」の皆さんの演奏もとても楽しく、参加された方もとても喜んでいただいています。その人が一番その人らしくいられる場所として、その方の得意分野を皆さんに見てもらったり、聞いてもらったりする場としても、少しずつ広がってきています。


あれ?もしかして?なんて思っている方も、そのご家族の方も、安心して外出をし気軽にお茶を飲みおしゃべりができる場は絶対に必要だと思います。あれ?これって?と思って家に引きこもらず、そういうときこそどんどん外に出て人と触れ合うことが大事だと言われています。どうぞどなたも安心してお越しください。
(毎月第1水曜14時〜 参加費:300円※ケーキとお茶付き)

 

■昨年11月と12月には「住み開きセミナー」を開催しました。

ハートフル・ポートの活動紹介と、ご自宅を開いて人が集まる活動をされている方たちのパネルトークに多くの方がご参加くださり、関心の高さを実感しました。自宅という既存の資源を使って家庭的な空間を大切にされている実践者の方たちのお話はとても説得力があり、今後の地域活動の一つの方法として大きな可能性を感じました。

 


■ハートフル・ポートでは、いろんな音楽イベントが開催され、たくさんの方に楽しんでいただいていますが、音楽は人と人とをつなぐ素晴らしいツールだと思います。音楽があるところには笑顔があり、心が豊かになります。

 

そんな音楽でこの希望が丘の街を元気にしていきたいと、この地域に住む音楽家の皆さん自らが<まちフェス実行委員会>というものを立ち上げ、昨年11月にはハートフル・ポートで<誰でもコンサート>が開催されました。

気軽に音楽を楽しみ、人前でも演奏をする機会を…というこのイベントの第2弾は、場所を変えて<ミュージックサロンおんぷ>さんで1月20日に開催予定です。


https://www.facebook.com/ihara.music/photos/gm.326813547796174/911301842381042/?type=3&theater

 

そして、3月には、ちょっと大きな<音楽フェス>がこの希望が丘で開催できないかと準備に入っています。
まさに、カフェに集まる人たちから生まれた活動として、人と人とがつながり、街の中が音楽であふれるような活動に広がっていけば嬉しいですね♪

 

 

***************************************


年明けの通常営業は、1月11日(木)〜となります。


1月10日(水)14時〜<みなとの茶店>があります。予約は不要ですので、どなたもお気軽にお越しください。

 

1月26日(金)は、大人のための朗読会があります。ひだまりの樹の皆さんの公演は、毎年大人気で、涙あり笑いありの心にひだまりを届けてくれる素敵なひと時となるでしょう。


今回は、ランチタイム11時半〜と、
ティータイムの15時〜の2回公演です。

皆さまのお越しをお待ちしています。

こちらは準備の関係で、ご予約をお願いします。

  ハートフル・ポート 

   ☎   045−777−8159

   mail  cafe@heartful-port.jp

 

 

1月以降の詳しいイベントスケジュールはこちらをご覧ください。
http://heartful-port.jp/schedule.html


今年も皆さまにとって、素晴らしい一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ハートフル・ポート
店主

 

P.S.
1月19日(金)は、
横浜コミュニティカフェネットワーク(YCCN)主催のフォーラム
「コミュニティカフェが、その価値を発揮するために」
〜カフェ型中間支援機能の可能性〜

 

で、ハートフル・ポートがYCCNで学んできたことを少し発表させていただきます。

https://www.facebook.com/yokohama.ccn/

 

    駒ヶ岳から見た芦ノ湖

 

 

  (ちょっと長い投稿です…)

 

ある休み明けの朝――
 

10時、スタッフKとMが来て、

休み中の話で盛り上がりながら仕込みをしていたら、
11時過ぎ、常連のMさんがご来店。
いつもきまって同じ時間にいらっしゃるMさん。

玄関で靴を脱ぎながら、交わす会話が一日のはじまりを温かな気持ちにしてくれる。

 

「急に寒くなったわね〜」

「でも、朝からMさんのお顔を見ると、元気になります〜」

Mさんは、今日はおふくろのお昼ご飯をご注文。

 

その後、事前ご予約の方や、朝電話で連絡のあった方たちが次々にご来店。
飛び込みで近隣の幼稚園の親子さんとそのお友達親子がご来店。
ご予約の親子連れ2組――下のお子さんは寝ているので、

ベビーカーでそのまま玄関で毛布をかけておねんね。

奥さまが体調を壊し、久しぶりに顔を出して下さったご年配のご夫妻。

 

お昼過ぎ、今度イベントを開催されるシニアSoHoのKさんとOさんがチラシを持参。
かなりいい紙を使っているようだが…、なんと一枚30円!もするとか。
金儲けでやっているわけではないからいいんだよ、と楽しそうにお話される。


パズルのようにバーツを組み合わせて作る、パズルランプ。別名IQランプ。
白をベースにとても素敵な見本を持ってきて下さった。
元高校数学教師と、元電機関係の営業マンの2人組のおじさま達は、
それぞれの役割があって、これからいろんなミニ講座もできないかと

あれこれと楽しそうに提案して帰られた。

 

 (11月30日のワークショップで参加者の皆さんが制作した見事なランプ)

 

常連のIさんは、仕事をしながら、ひとりの時間をゆっくりとされ、
おしゃべりをして仕事に戻られた……。

 

今日も一日、忙しくも、とても充実した一日だった。


いろんな人の出入りがあって、新しい出会いもある。
それぞれの思いでここに集まり、同じ空間と時間を過ごし、
何らかのつながりができて、またそれぞれの場所に戻っていく。
今日は、ここに来てよかったなと思ってもらえる場所でありたい。

家なのに、家じゃない、カフェなのに、家みたい…
そんな空間だからこそ、人が安心して、ほっとしてくれるのかもしれない。
こういった空間と時間、大切にしていきたいですね。

 

 

 

2回にわたる住み開きセミナーは、1回目、2回目ともに、

定員を超えるお申し込みをいただき、大盛況でした。

連続で参加してくださった方も11名いらして、皆さんとても熱心で、

「住み開き」という活動に関心をお持ちの方が多いことにびっくりしました。

 

ご参加いただいた皆さま、登壇してくださった住み開き実践者の皆さま、

ありがとうございました。

 

11月6日に開催された1回目の「住み開きカフェセミナー」では、

ハートフル・ポートの活動についてお話しさせていただき、

どのようにして活動の幅が広がっていったか、改めて私自身も振り返る機会と

なりました。

 

カフェから始まって、気が付けば、いろんな方たちがいらっしゃるようになって、

「○○したいね〜」からから生まれた数々のイベント…。

通常のカフェタイム、あるいはイベントで、ここを訪れる人同士がつながったり、

その人達が新たな活動に広がっていったり…。

赤ちゃんから高齢者まで、ふらっと来ておしゃべりしたり、ワクワクした時間を過ごしたり…。

みなと食堂では、スタッフとしてお料理を作ってくださったり、

みなとの茶店では、認知症の方もそのご家族も気楽に参加できるよう、

地域の方たちが実際に活動を支えてくださったり…。

 

多世代が交流する場として、それぞれにとっての居場所として

場が成熟してきていること、改めて灌漑深く感じます。

 

 

12月1日に開催された第2回「すてきな住み開き」は、

いろんな形の住み開き実践者による本音トーク。

ご登壇いただいた5人の実践者のお話は実体験に基づいたものであるだけに、

ご自身の人生の中で今の活動がどのようにして始まり、

どのように変化していっているかなど、

失敗談も含め、リアルな活動の本音をお話していただきました。

 

始めてみてわかったいろんな大変なこと――。
思い描くようなことにならないこともあるし、悩むこともある。

しかし、そのひとつひとつが次のステップにつながり、
本当にやりたいことをするステージに導いてくれるといったお話。

 

皆さん、とても前向き。

迷うこともある、苦しむこともあるけれど、

やりたいことを形にしていく過程で

人と人との繋がりがいかに人生を豊かにしてくれるか

ということを実感していったリアルな体験談。

 

それぞれ子ども達も大きくなり、人生のセカンドステージに立とうという人達が
今度は自分の人生を自分らしくやりたいことをやって生きていく、

夢を実現するその選択肢として始める「住み開き」の活動。

 

お母さんが住み開きの活動をすることで、いろんな人が家に出入りし、

そのおかげで子ども達も素直に育ってくれた…。

営業時間だって、好きな時間にすればいい…。
家の断捨離にもつながって、生活がスリムになった…。
場を開くことで味わうワクワク感を楽しむことができた…。

でも、もう無理〜と思ったらやめればいい…。


自分の家なんだから、賃料を払っているわけではないので、好きにできる。

だから、やりたいと思ったことはやったほうがいい、という経験者のお話は

とても説得力があり、参加者も「うんうん」と大きくうなずく方も…。


お金をかけずに、まずは小さなスタートをしてみられることをというアドバイス。

自分で設計して、できるだけ手作りで空間作りされた方も。

気軽な形で風通しのいい家があちこちに増えていくと、街全体が活気づいてくる。

 

自分はこれからどういう生き方をしたいんだろう?
その答えの選択肢のひとつに、この住み開きという形が入る時代がくるのではないか――

という気もします。


場があるからできることはたくさんあります。自分も含め、この地域の人達にとっても。
やりたいことが実現できる場であり、いろんな人達を応援する場。
人も地域も成熟するというのは、そういう人と人とが集まって、触れ合い、お互いを
大切に想う気持ちがあってこそ、実現されていくのかもしれません。

 

この気持ちは、自分の家を開くという、プライベートなスペースを社会に開く

活動をされている住み開き実践者の皆さんの共通の想いのようでした。

 

それぞれの経験が、次に続く人達へのいいアドバイスとなり、

また今やっている活動が、次へのステップとなっていく。

 

たった一度の人生、何もしないでじっとしているより、

何かやりたいと思ったことは、遠慮なくやったほうがいい!

といったメッセージは、参加者の心をぐっとつかんだようです。

 

登壇してしてくだこさった皆さん、本当にありがとうございました。

 

高崎継民さん(お菓子工房「Keimin

●体にやさしい手作りスイーツ&雑貨のお店 

     http://www.keimin-sweets.jp/

田中和子さん(カフェギャラリー「ワクータ」)

●暮らし楽しむ〜各種講座を開催するジャズの香りするレトロなカフェ

     http://waku-ta.com/

梅澤知子さん(健康サロン「梅樹庵」)

●抗酸化陶板浴、太極拳、カラー診断等、心と身体が喜ぶ健康サロン

     https://umejuan.wordpress.com/

神道映利さんコミュニティ&シェアスペース「KOTOBUKI

●親子で営むレンタルスペース&旬野菜たっぷり手作り料理カフェ 

     https://www.facebook.com/KotobukiCommunity/

加茂ゆかりさん(Salon de がいあ)

●静かな住宅地にある小さな料理教室&食と癒しの空間

https://cafe-gaia.jimdo.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/ 

 

 

 

高崎継民さん

 

田中和子さん

 

梅澤知子さん

 

神道映利さん

 

加茂ゆかりさん

 

今日のカフェのレイアウト

 

参加者24名+登壇者5名、サプライズゲスト2名… 大盛況でした。

 

本日のケーキは、Keiminさんのかぼちゃちーず

 

 

※今回の企画は、横浜コミュニティカフェネットワーク(YCCN)

の地域フォーラムの一環として開催させていただきました。

YCCNには2年間にわたり、カフェの運営に際しても大変勉強をさせて

 

いただきました。心から感謝申し上げます。来年1月のフォーラムでは、その成果を

発表させていただきます。

 

 

今日はやっと秋晴れの気持ちいい一日となりましたね!

このお天気を待っていたように、Caféも久しぶりにとても賑やかでした。

明日はハロウィーン。夕方には、仮想をした子ども達がやってきます^^

 

11月6日の住み開きセミナー,蓮△甘垤腓あわなくなった方のキャンセルが少し出ましたので、若干空席がでました。

これからご参加ご希望の方は、お申し込みを承ります。

ハートフル・ポートまで 

☎  045−777−8159

mail cafe@heartful-port.jp

 

========================================

11月は、音楽イベントから頭を使うものまで、イベントも盛りだくさん! 

芸術の秋! ハートフル・ポートで素敵なお時間をお過ごしください。

 

29日(水)は、初の「だれでもコンサート♪」を開催します。

音楽でこの街を元気にしよう!と立ち上がったまちフェス実行委員会希望が丘の主催。

人前でちょっと歌ったり、演奏してみたいが叶う「だれでもコンサート♪」

地域の音楽好きな皆さんが気軽に参加できるまちフェスのスタートイベントです。

素敵な音楽仲間や、ファンも見つかるかも。みんなで歌う「歌声コーナー」もあります。

演奏で参加するもよし、聴くだけもよし、地域を音楽で元気にするプロジェクト、

ご一緒に盛り上げましょう!

 

========================================

11月

 1日(水)14:00〜15:30 みなとの茶店(認知症&予防カフェ)

 6日(月)15:00〜16:30 住み開きセミナー

 7日(火)10:00〜11:20  親子でリズム遊び

 8日(水)16:30〜17:30  大人のギター倶楽部

 9日(木)15:00〜16:00  大人のウクレレ倶楽部

10日(金)15:00〜16:30  大人の絵本倶楽部

13日(月)15:00〜16:00  歌唱健康法♪

17日(金)16:00〜19:00  みなと食堂

18日(土)13:00~17:00 地区センター祭りに出張Cafe

19日(日)  9:00~15:30  地区センター祭りに出張Café

27日(月)15:00〜16:30  ライアーコンサート

28日(火)10:30〜11:30  ボサノバミニコンサート&歌声サロンうたカフェ

29日(水)14:00〜17:00  だれでもコンサート♪

30日(木)15:00〜17:00  パズルランプ制作のワークショップ

========================================

 

11月1日(水)14:00〜 みなとの茶店(認知症&予防カフェ)

  認知症の方も、そのご家族も、予防したいと思っている方も、

  どうぞお気軽に、おしゃべりとお茶とケーキを楽しんでください。

  専門家もいらっしゃっているので、いろんなお話も伺えます。

  体を動かしたり、歌ったり…する時間も。

  季節のケーキもどうぞお楽しみに!

 

6日(月)15:00〜 住み開きセミナー  、┿沈覆錣困

  住み開きカフェをやってみたい方向けに、ハートフル・ポートの設立秘話と

  持続可能な活動にするためのお話をします。

  ハートフル・ポート一番人気のケーキもどうぞお楽しみに!

 

7日(火)10:00〜 親子でリズム遊び

  対象:0歳〜未就園児 

  生ギターの演奏で体を動かしながらママも一緒にリフレッシュ!

  講師:イハラ音楽教室

 

8日(水)16:30〜 大人のギター倶楽部

  個々のレベルに合わせたアンサンブルなど、懐かしのあの曲など…

  

9日(木)15:00〜 大人のウクレレ倶楽部

  季節の歌、ハワイアンなど、レベルに合わせてアンサンブルなど

  初心者大歓迎!

 

10日(金)15:00〜 大人の絵本倶楽部

  テーマ:「もやっと」

  この絵本は一体何が言いたいのだろう?など、もやっとする本を持ち寄り、

  絵本について、熱く語り合います!

 

13日(月)15:00〜 歌唱健康法♪  ※残席わずか

  腹式呼吸を取り入れたボイストレーニング&歌を一曲仕上げます!

  歌って元気に♪

 

17日(金)16:00〜 みなと食堂

  みんなで一緒に準備をして、夕ご飯を食べる日。

  ママパパがお仕事で帰りが遅い子も、ひとりでご飯を食べている方も、

  大家族のようにワイワイと一緒に晩ご飯を食べましょう!

 

18日(土)13:00~17:00、19日(日)  9:00~15:30   

  地区センター祭りに出張Café

  手作りパンのサンドイッチや、ケーキ、珈琲など、ほっとブレイクに

  どうぞお越しください!

  場所:希望が丘地区センター(045-361-0424)

 

27日(月)15:00〜 ライアーコンサート

  癒しの音楽ライアー(竪琴)と、お菓子を楽しむひとときをどうぞ

  演奏:井上ゆり子

 

28日(火)10:30〜 ボサノバミニコンサート&歌声サロンうたカフェ

  ボサノバのコンサートを聴いて、懐かしい曲をみんなで歌います♪

  その後のランチも楽しくおしゃべりして発散?できるひと時です。

  ピアノ・歌:岩崎桂子

 

29日(水)14:00〜 だれでもコンサート♪

  人前でちょっと歌ったり、演奏したりしてみたい!が叶います。歌が好き、楽器が好き、

  バンドを組んでいるなど、地域の音楽好きの皆さんが集まります!

  歌声コーナーもあり。

  お気軽にご参加ください。

 

30日(木)15:00〜 パズルランプ制作のワークショップ  ※残席わずか

  手先を使ったペーパークラフトで、頭の体操! 

  A:30ピースの組み合わせパズルで作るランプ

  B:紙コップが大変身するおしゃれなランプ

  講師:シニアコモンズ

 

 

いずれも、お問い合わせ、お申し込みは――

ハートフル・ポートまで

☎ 045-777-8159

mail:cafe@heartful-port.jp

 

 

 

  玄関のハナミズキと、ジューンベリーもだいぶ紅葉してきました。

  夏の花、ハイビスカスはまだ大輪を楽しませてくれています。

 

 明日のハロウィーンに向けて、お化け提灯を飾って子ども達を迎えます。

  

  「みなとの茶店」ののぼり! 茶店にどうぞお茶しに来てください。

   11月1日(水)14時〜  ※この日はカフェは定休日です。

 

秋を通り越して、あっという間に冬の装いとなりましたね(+_+)

このところ、カフェは雨の日が続いていることもあり、お客様も少なめ。

いつも混んでるから…とおっしゃる方も多いのですが、

そんな思い込みをされている方は、是非空いている今、どうぞお越しください。

静かにお食事をしたり、おしゃべりしたり、本を読んだり…

自分だけのゆったりとしたお時間と空間を楽しんでいただけると思います。

 

今日は、ランチタイムはとても落ち着いた空間でしたが、

夕方からのみなと食堂では、大賑わい!

初の、魚の解体ショー!もやっちゃいました!

子ども達にとって、まさに、命をいただくことへの感謝をするいい機会となりました。

そのレポートは改めて…。

 

さて、

11月6日の住み開きカフェセミナーは、満席となったため、締め切らせていただきました。

たくさんの方にお申し込みいただき、ありがとうございます。

定員オーバーのため、お断りしてしまった方、本当に申し訳ありません。

 

さらにお問い合わせもあるため、お断りをするのも申し訳ないので、

追加開催を計画しようかなと思っています。

 

「住み開き」に関心のある方から、ご家族の方は何とおっしゃいますか?

といった質問をよくいただきます。

ならば、その家族の生の声を聞いてもらったらどうだろう…と思いまして、

店主の亭主に協力してもらい、店主と亭主の対談形式で…というのも

面白いのでは、と考えているところです。

 

住み開きを実際にやる場合に、まず大切なことは家族の理解です。

家族をどう巻き込み、どう応援してもらうか――。

そんなところを、それぞれの立場でざっくばらんに話をするというスタイルで

やってみたらどうなるか…いやいや本音がポロリ…となるかも!?

店主の亭主はアルコールが入ると本音が出るので、飲ませて…

もちろん参加者もご一緒にお付き合いいただければ亭主は喜びます(笑)

 

さすがに、店主の亭主に平日仕事を休んでもらって…というわけにもいかないので、

土曜日あたりの開催? そうすれば、ご夫婦でのご参加もあり…でしょうか。

それは面白い!と思われる方がいらしたら、ご来店時に、あるいはメールででも

お知らせいただけたら嬉しく思います。

もし、ご興味のある方が多いようでしたら、開催を検討してみたいと思います。

ご関心のある方は、こちらまで↓

 

    cafe@heartful-port.jp

     お店のご予約は、045-777-8159

 

店主の亭主が時々戯言を吐いています。

よかったら、こちらもご覧ください。

「店主の亭主の戯言」

http://teishu.jugem.jp/?_ga=2.118445065.1672791381.1508503799-618496491.1401872958

 

 

ということで、改めて「住み開き」ということに関心をお持ちの方が

多いということもわかりました。

これから「家」という場が果たす社会的役割のようなことについても

考えるきっかけとなり、さらにこれからの時代にとって大切なことに

気づきをいただきましたこと、心から感謝申し上げます。

 

 

12月1日の「すてきな住み開き」(住み開き実践者の皆さんによる座談会)の方は

若干の空きがあります。いろんな形の住み開きを知る機会です。

関心のある方はお早めにお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM